2020/08/10【三山春秋】ロングヘアで津軽三味線をギターの...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼ロングヘアで津軽三味線をギターのように弾きながら、伸びやかに演歌を歌う姿は斬新だった。〈きっと帰ってくるんだと、お岩木山で手を振れば〉〈帰ってこいよ、帰ってこいよ、帰ってこいよ〉

 ▼松村和子さんのデビュー曲『帰ってこいよ』。1980年の発売で大ヒットした。青森から東京へ出ていった恋人への思いがこもる。お盆が近づくと、恋人に限らず、離れて暮らす親しい人にも伝えたくなる。「帰ってこいよ」と

 ▼ただ、今年は歌のように高らかに言うことに戸惑いを覚える人も多いだろう。新型コロナウイルスの感染が再び拡大しているからだ。お盆の帰省を巡り、国と自治体に温度差があることも迷いを生む

 ▼安倍晋三首相は6日の会見でお盆の時期の帰省自粛を求めなかった。山本一太知事も一律自粛を求めない考えを示した。一方、東京都の小池百合子知事は「今年は特別な夏」として、都外への帰省や旅行を控えるよう都民に要請した

 ▼きょうは「山の日」。土曜からの3連休で、さらに休みが続く人もいるのでは。感染防止策を徹底して過ごしたい

 ▼さて、「帰ってこい」と呼び掛けられて、県外で暮らす家族はどうするのだろう。〈帰ろかな、帰るのよそうかな〉。こちらは北島三郎さんの『帰ろかな』(65年発売)。故郷への思いにあふれ、やはり大ヒットした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事