2020/11/21【三山春秋】きょうは任天堂のテレビゲーム機「…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼きょうは任天堂のテレビゲーム機「スーパーファミコン」の発売30周年という。入手できたのは3年後の高校時代だったが、従来機を上回る映像の迫力やスピード感が格別だった

 ▼それから30年。ゲームの技術は“スーファミ時代”に想像もできなかったほど進化し、インターネットを介して海外の人とも遊べるようになった。特に対戦型ゲームは「eスポーツ」と呼ばれ、数千万人がネット観戦する世界大会まである

 ▼eスポーツは現実の年齢や性別、身体能力などを問わず競い合える。コロナ禍でもオンライン大会を開催しやすいことから注目を集めている

 ▼県もeスポーツを群馬県の地域活性化や知名度アップに活用しようと、19歳以下の全国大会を開くなど推進中。「大会は5人一組のチーム戦。チームワークやコミュニケーションを養える」(eスポーツ・新コンテンツ創出課)と教育効果にも期待する

 ▼きょう午後1時半からは有識者らがeスポーツの教育面への活用を考える番組を動画投稿サイトで配信する。「ゲームをやめて勉強しなさい」と言われた30年前とは隔世の感がある

 ▼19歳以下の全国大会はあす決勝大会が開かれ、予選を突破した高校生らのチームが激突する。教育効果は意見が分かれそうだが、熱戦を通じて得る仲間との絆や思い出は間違いなく宝物になるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事