2021/01/29【三山春秋】「廃業することになりました」「緊急事態…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼「廃業することになりました」「緊急事態宣言で休業します」。受験生の子どもが宿泊予定だった大阪や都内のホテルから連絡があった。新型コロナの影響という。困惑するしかないが、ホテル側は苦渋の決断だろう

 ▼志望大の試験時間も大幅短縮が決まった。栃木県では宇都宮大が2次試験で学力検査の中止を発表。文部科学省のホームページには国公私立大の300近くもの入試変更情報が掲載されている
  
 ▼これほど先の読めない受験シーズンはない。大学入学共通テストの導入という入試制度の変更に加えてのコロナ禍である。「なぜこんな年に当たったのか」と、誰にもぶつけられない嘆きがあちこちで聞こえる

 ▼2月には私大の入試が本番を迎え、その後は国公立大の前期試験が始まる。首都圏をはじめ感染者の多い緊急事態宣言の対象地域と地元を行き来しなければならない人も多いだろう。試験の重圧と感染の不安を抱え、心の寒さはどれほどか。春はまだ見えてこない

 ▼サクラの開花予想に「400度の法則」がある。2月から毎日平均気温を足し上げ、400度になると咲くというものだが、連日暖かければいいわけでもない。花芽の成長には真冬の寒さにさらされて眠りから目を覚ます「休眠打破」が必要だ

 ▼難問だらけのこの冬も無駄ではない。試練の先にきっとサクラは咲く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事