2021/04/29【三山春秋】榊原機械(榛東村)は「子どもの頃に…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼榊原機械(榛東村)は「子どもの頃にアニメで見た憧れのロボット」を製作してきた。1号機を紹介した2005年4月の上毛新聞には「搭乗型2足走行ロボット」「空気砲も装備」と大人でもワクワクしそうな見出しが躍る

 ▼17年末に完成した新型は高さ約8.5メートル。有人搭乗型では最大のロボットとしてギネス記録に認定された。コックピット内のモニターには外の様子が映り操縦もできる。まさに夢の巨大ロボだ。ターゲットはガンダム世代だった

 ▼ロボットアニメといえば『機動戦士ガンダム』という中高年は多いだろう。おととしから放映40周年の記念イベントが続く。昨年末はついに高さ約18メートルの実物大ガンダムが横浜市に登場した。しかも動くという。会場でその巨体を見上げる日を楽しみにしてきた

 ▼だが新型コロナが収まらない。3度目の緊急事態宣言が発令された。横浜市はまん延防止等重点措置の対象で県はこうした地域への往来自粛を呼び掛けている。昨年に続き地元で過ごす黄金週間である

 ▼子どもの目を輝かせ、大人を童心に帰らせてきた榊原機械のロボットも今は感染防止のため出番がない。見学や出展の要望は現在も届いているが、同社の榊原豪さんは「コロナ禍が完全に過ぎ去ったらまた楽しんでほしい」と話す

 ▼2体の巨大ロボと対面する日が待ち遠しい。その時はきっと言ってしまう。「こいつ、動くぞ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事