2021/06/23【三山春秋】作家や詩人らでつくる…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼作家や詩人らでつくる日本ペンクラブは1935年に設立された。軍国主義化が加速する時代、言論・表現の自由を守ろうと約100人が集まった。初代会長は島崎藤村。その後、志賀直哉、川端康成らが務めた

 ▼その新しい会長に直木賞作家の桐野夏生さんが選ばれた。女性のトップは初めて。記者会見で「私が引き受けないと、この先何年も女性が選ばれないかもしれないという危惧を持った」と語った

 ▼さまざまな分野で性別による格差の解消を目指す動きが進むが、女性のリーダー層はまだ少ない。経団連ではIT大手ディー・エヌ・エーの南場智子さんが副会長になり、女性初として注目された

 ▼国際NGOプラン・インターナショナルによる意識調査で、15~24歳の日本女性のうちリーダーになる自信を持つ人はわずか27%。19カ国の平均62%を大きく下回った

 ▼高校を卒業して大学生や社会人になる18歳を境にリーダーになる難しさを感じ始めるようだ。親や周囲からの励ましが少ないことも影響しているとみられ、ジェンダーの固定観念に立ち向かえるよう家庭や教育で支援する必要がある

 ▼本県は自治会長に占める女性の割合が全国最下位。県は、将来地域のリーダーになり得る人材を育てようと女子学生向けの講座を始める。女性の活動を阻む壁を取り除き、意欲を後押しできる社会にしたい。きょうから男女共同参画週間。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事