2021/08/01【三山春秋】2008年の夏も今年と同じように…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼2008年の夏も今年と同じようにドキドキがいろいろあった。筆頭はもちろん北京五輪。初の金メダルを得たソフトボールや競泳2冠の北島康介選手、人類初の陸上100メートル9秒6台を記録したウサイン・ボルト選手の活躍に心が躍った

 ▼もう一つ、この年はガソリンがどこまで値上がりするのか緊張感をもって見守った。レギュラーガソリン1リットルの県内平均価格は8月冒頭に初めて180円を超え、行楽や帰省を直撃。給油後のレシートを見てため息が出たのを思い出す

 ▼この夏もガソリンが高い。先月26日時点で160円10銭。08年より20円も安いと思うのは間違いで、この年の春に160円を突破した時は「高すぎる」と国民の悲鳴が上がった。今はその水準である

 ▼13年前の高騰は世界的な経済の減速から投機マネーが原油に向かったことが原因だった。今回は新型コロナのワクチン接種が広まり、経済活動の再開で需要が高まっているためという。世界にはコロナ後が見えているらしい

 ▼国内を見ると1日当たりの感染者が1万人を超え、首都圏は感染爆発状態だ。あすから4府県に緊急事態宣言が追加発令され、県内も警戒度が3に上がる。ウイルスとの闘いは何度目かのヤマ場を迎えた

 ▼夏休みで出かけたいが、感染力の強い変異株や財布を直撃するガソリン高のドキドキは遠慮し、テレビで躍動するアスリートからもらうことにする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事