2021/09/14【三山春秋】〈緑の木々、赤いバラ、…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼〈緑の木々、赤いバラ、青い空、白い雲…。なんて素晴らしい世界なんだろう〉。目に映るありふれた風景が幸せを感じさせてくれる。ジャズトランペット奏者、ルイ・アームストロングの代表曲「この素晴らしき世界」である。米国がベトナム戦争に直面していた時期、世界の平和を願って作られた

 ▼50年以上たっても愛される名曲が、東京パラリンピックの閉会式で合唱された。映像出演し中心となって歌ったのは前橋市出身の奥野敦士さん。不慮の事故で車椅子生活となったが、懸命なリハビリを乗り越えて復帰したロックバンド「ROGUE」のボーカルだ。世界に届けられた熱唱は感動を呼んだ

 ▼開会式では高崎市出身のギタリスト、布袋寅泰さんが書き下ろした曲を演奏。本県出身ミュージシャンがパラリンピックの開幕と閉幕を飾ったことに驚いた人も多いだろう

 ▼奥野さんは音楽活動だけでなく、メンバーとともに学校で講演を行う。バンドはライブイベント「GBGB」の旗振り役となり、収益の一部で福祉車両を購入して社会福祉協議会などに寄贈している

 ▼一方の布袋さんは高崎でのアマチュアオーディションで無料ライブを行ったり、Gメッセ群馬のテーマ曲を作ったりするなど古里を大切に活動する

 ▼そんな2人が日本を代表して式典に出演し、音楽による力強いメッセージを発信した。県民にもっと評価されてもいい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事