2018/07/18【三山春秋】猛暑が続く。文字通り、たけだけしい…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼猛暑が続く。文字通り、たけだけしいほどの日差しで気温がぐんぐん上がる。3連休だった県内は各地で35度以上の猛暑日を記録。16日は13観測地点のうち、9地点で今年の最高気温を観測した

 ▼猛暑でも尋常でない状態と伝わるのだが、こう暑さが続くと、より深刻な言葉でないと表現しきれないような気がしてくる。調べてみると、炎暑、酷暑、厳暑、烈暑、じょく暑などがある。ぴたりとくるものがあるような、ないような…

 ▼猛暑という言葉に慣れても、侮ることは禁物だ。熱中症は命に関わる。共同通信の集計によると、同日、熱中症とみられる症状で5人が亡くなった。群馬県は高校野球応援中の生徒らが次々と体調不良を訴え、救急搬送されている

 ▼大津市の中学生が部活動の練習でミスをした罰として校舎の周囲を80周走るように言われ、途中で倒れた(15日付本紙)。これは行き過ぎた指導で論外だが、部活動には細心の注意を払ってほしい

 ▼小まめな水分補給はもちろん、暑さの中で取り組むのにふさわしい練習内容なのかも考えるべきだ。仲間の様子に気を配り、練習内容を含め「おかしいな」と思ったらすぐ声を上げよう

 ▼フランスが2度目の優勝を果たしたサッカーワールドカップの熱狂は連休中に幕を閉じたが、国内の暑さが収まる気配はない。十分、体調に気を付けたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事