2018/09/05【三山春秋】数年前から赤城山をどっぷりと楽し…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▼数年前から赤城山をどっぷりと楽しんでいる。地図を片手にさまざまな登山ルートから分け入ってみたり、南麓で知らない道をジョギングして滝や遺跡、棚田の風景に足を止めてみたり

 ▼裾野に暮らしながら、身近すぎて毎日見上げているだけだったが、近づくほどに奥が深い。一つの塊として見ていた山に、四季折々の多彩な景色が見えてきて、飽きることがない

 ▼夏は風光明媚めいびな避暑地として文人墨客に愛されてきた。〈ほんとうにいだらう 美しいだらう だから僕は赤城が一等好きだって言ふんだ ねえ 何処どこよりも佳いだらう〉。旅行で訪れた芥川龍之介も絶賛した

 ▼山が色づく秋のイベントでは「まえばし赤城山ヒルクライム大会」(30日)が定着しているが、今年は楽しみが増える。山麓を舞台に自転車で自然と食を味わう「赤城山サイクルフェスタ」だ

 ▼前橋市や桐生市などが開くサイクルスタンプラリー(15~11月30日)とグルメライド(11月4日)の総称で、エリアがより広域になり、新たな魅力を発見してもらう機会になるだろう

 ▼今春には、旧黒保根村と山頂間を結んだ赤城登山鉄道の終着駅「赤城山頂駅舎」が国登録有形文化財になった。豊かな自然があり、歴史を伝える遺構があり、温かな人のもてなしがある。見るだけではもったいない。赤城を楽しむ秋にしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事