絹遺産や三碑 特集 「上毛かるた」副読本を改訂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
改訂版の「『上毛かるた』で見つける群馬のすがた」

 「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録や上野三碑の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界の記憶」登録などを踏まえ、県は小学4年生向けの副読本「『上毛かるた』で見つける群馬のすがた」の改訂版を発行する。県内全ての小学校と特別支援学校に計1万9千部を配布し、1日から全国の書店や県の関係機関などで販売する。

 副読本は 全44札について、それぞれ見開き2ページで 読み札と絵札、歴史的背景の解説などを 掲載。写真や図表も豊富に使っている。

 改訂版は新たに三つの特集を追加した。「世界に誇る群馬の歴史遺産」で世界遺産4資産、世界の記憶の三つの碑の価値を紹介。「世界に誇る群馬の偉人」で県の発展に貢献した名誉県民9人、「世界に誇る群馬の自然」では尾瀬国立公園やみなかみユネスコエコパークなどを取り上げた。

 金井東裏遺跡の甲(よろい)着装人骨の発見、古墳総合調査の終了などを受け、「し」の札の解説を全面改訂。「に」や「む」の解説も改め、各ページの地図や施設は最新情報にした。

 A4判、102ページ。390円。2万4千部作成。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事