四季折々の自然を表現 脇屋さん絵画展 太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
四季折々の自然を表現 脇屋さん絵画展 太田

 前橋市の画家、脇屋主三(しゅぞう)さん(79)の作品展が29日、太田市新田市野井町のジョイフル本田新田店の2階ギャラリーで始まった。四季折々の風景や色鮮やかな花を描いた作品34点が飾られている=写真。4日まで。

 ワタスゲの穂が揺れる初夏の尾瀬を描いた「わたすげの咲く頃」や、花に彩られた中之条・六合を優しい色合いで表現した「養蚕の里」を出品。脇屋さんは「自然の大切さを感じてほしい」と話していた。

 午前10時~午後6時(最終日は同5時)。問い合わせはアートプランナーの曽志崎順子さん(☎090・6167・7204)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事