尾瀬の季節幕開け ビジターセンター開所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
尾瀬のシーズン幕開けを祝った開所式

 尾瀬国立公園の「尾瀬山の鼻ビジターセンター」の開所式が16日、片品村の同センター前で行われた。山小屋関係者ら30人が尾瀬のシーズン幕開けを祝った。

 センターは尾瀬ケ原周辺の情報発信や自然保護活動の拠点。県が設置し、尾瀬保護財団が管理する。財団事務局長の坂田達也県尾瀬保全推進室長は「訪れた人がけがなく、尾瀬の魅力を楽しんでほしい」とあいさつ。尾瀬ボランティアがハーモニカと草笛を演奏した。

 財団によると、今年の尾瀬ケ原は例年に比べ残雪が少なく、木道が露出している。ミズバショウは見頃を迎えており、今月いっぱい楽しめそう。

 尾瀬の山開きは24日に福島県檜枝岐村で行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事