《上州百景(100)スカイショット》季節到来 白のもてなし 尾瀬ケ原
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《上州百景(100)スカイショット》季節到来 白のもてなし 尾瀬ケ原

 群馬、福島、栃木、新潟の4県にまたがる尾瀬国立公園の山開き式典が24日開かれ、本格的な登山シーズンが幕開けした。公園内の尾瀬ケ原では純白のミズバショウがハイカーを迎えるように咲いている。

 尾瀬ケ原は面積約760ヘクタールの高層湿原で、貴重な植物の宝庫。木道は入山者の快適な歩行を支えるのに加え、植物が踏み荒らされるのを防ぐ目的もある。公園は「ごみ持ち帰り運動」が全国に先駆けて始まったことでも知られる。

(大橋周平)

   【撮影ポイント】ISO400、2500分の1秒、絞り2・2。燧ケ岳を背景に群生するミズバショウや池塘(ちとう)をドローンで高度約20メートルから撮影した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事