尾瀬保護財団に210万円を寄付 群銀、Oneなど
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大沢知事(中央)から贈られた感謝状を手にする斎藤頭取(左から3人目)と幸常務(同5人目)

 群馬銀行(前橋市元総社町、斎藤一雄頭取)とぐんぎん証券(同市本町、湯浅幸男社長)、アセットマネジメントOne(東京都千代田区、菅野暁社長)は21日、尾瀬保護財団(理事長・大沢正明知事)に210万3110円を寄付した。入山者へのマナー啓発や自然への理解促進に役立ててもらう。

 投資信託商品「自然環境保護ファンド 尾瀬紀行」の信託報酬の一部を活用。同行と同証券を代表して斎藤頭取が、アセットマネジメントOneからは幸宏常務執行役員がそれぞれ大沢知事に目録を手渡し、感謝状と尾瀬を写した写真パネルを受け取った。

 商品は東邦銀行ととうほう証券(いずれも福島県)、第四銀行と第四証券(いずれも新潟県)も扱い、アセットマネジメントOneが運用している。尾瀬紀行による寄付は12回目で、ぐんぎん証券は初めて寄付した。累計額は本年度で6855万6192円となる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事