尾瀬保護財団に100万円を寄付 埼玉の企業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
須藤部長(右)から感謝状を受け取る井上社長

 尾瀬国立公園の保全に役立ててもらおうと、廃棄物処理などを手掛けるエコ計画(さいたま市)は、尾瀬保護財団に100万円を寄付した。
 県庁を訪れた井上綱隆社長が、財団常務理事の須藤雅紀県環境森林部長に目録を手渡した。財団からは感謝状と記念品が贈られた。
 井上社長は「今年の尾瀬サミットで初めて尾瀬に入り、その素晴らしさを味わった。今後も環境保全に協力したい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事