「3コン」、ストレス… ドライアイにご用心
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ドライアイです」。そう診断すると、「えっ!? 涙っぽいのにドライアイですか」と驚かれることがあります。

 蒸発亢進(こうしん)型ドライアイをご存じですか。

 診断では、自覚症状の他にも、目の表面が乾燥する時間を調べます。涙が出る量には問題がなくても、まばたきを我慢して、5秒以内に乾燥が始まれば、ドライアイです。

 「風に当たると涙が出やすい」「異物感とともに涙が出る」といった症状の方は、目が乾いて反射的に涙が出たときに涙目を自覚することがあります。「なるほど、すぐに涙が蒸発するので、かえって涙が出てしまうのですね」と納得していただき、原因を調べてから治療に移ります。

 ドライアイの原因はさまざまです。よく「3コン」といわれるのがパソコン、エアコン、コンタクト。まばたきの減少や室内環境などが原因で目が乾きます。上下まつげの内側にマイボーム腺という脂の分泌口がまぶたに沿って並んでいます。そこが詰まると涙液中の油分が減少し、涙の蒸発を招きます。ドライアイ症状を訴える方の80%以上は、マイボーム腺の機能が低下しているといわれています。

 ドライアイの点眼治療は、人工涙液やヒアルロン酸製剤など外から水分を補うことが主流でしたが、近年では、目の表面に涙をとどめる働きがあるムチンという成分などを出させる点眼薬も使われます。点眼のみならず、日常生活でドライアイを招いている原因について対策し、目元を清潔にすることも大切です。

 メガネをかけるだけで症状が改善することもあります。風が目に直接当たって乾燥するのを防ぎ、目の周りの湿度を保ちます。より効果を高めるよう工夫された保護メガネもあります。

 マイボーム腺がうまく機能していない場合は、温あん法と、まぶたの洗浄を行います。ホットアイマスクなどで温めることでマイボーム腺から脂が溶けて涙の中に出やすくなります。温めることで眼精疲労も和らぎ、一石二鳥です。

 さらに、まぶたをやさしく洗って目元を清潔に保つことで、マイボーム腺の分泌口から脂が溶け出しやすくなります。ものもらいやまつげダニの発生予防にもなります。

 食生活やストレス、自律神経なども関係しているようです。オメガ3とよばれる良質な油や乳酸菌の摂取でドライアイが改善したとの報告もあります。また、睡眠不足や自律神経の乱れなどにより、発症するともいわれています。「旅行中は調子が良かった」「ストレスでドライアイ症状が悪化した」など、さまざまな方がいらっしゃいます。

 このように、スマートフォンやパソコンを使うことが多く、ストレスの多い現代社会において、ドライアイはとても身近な病気です。早めに眼科を受診し、対策を心掛けましょう。



眼科医 板倉宏高 前橋市

 【略歴】2018年に前橋ミナミ眼科開院。一人一人に合ったカスタムメイド医療を提供。元群馬大非常勤講師、前橋赤十字病院眼科部長。東京都出身。同大医学部卒。

2020/01/14掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事