真っすぐに 自身の在り方にかえる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さまざまな調査で日本人の子どもの「自己肯定感」が各国に比べて低いとのデータが明らかになっています。これは子どもだけの問題ではなく、大人の問題としても当てはまると感じています。自身の嗜好(しこう)のみならず、自身の存在さえも社会構造の一部となっていることに息苦しさを感じ、自己探求を始める大人は決して少なくありません。

 あらゆる技術の発展により、私たちの生活は便利で豊かになっているにもかかわらず「自己」という感覚が薄れてしまった要因はどこに存在しているのでしょうか。

 一つは「型」にはまった思考にとらわれてしまうことです。例を挙げるならば、私たちが受けてきた学校生活や家庭においての「仲良くしなさい」という教え。けんかや衝突を未然に防ぐために大人が子どもたちによく伝える言葉です。

 仲良くする=けんかをしてはいけない、相手を嫌な気持ちにさせてはいけない、など考え方はさまざまですが、いつしか「○○してはいけない」「こうでなければいけない」という概念がしみつき、自分の意見を相手に伝えようとしなくなり、自己開示を避けるようになりました。

 二つ目に、子どもが興味を持ったものに対して、「汚れるからやめなさい」「危ないからやめなさい」と無意識に好奇心を抑制していることです。

 幼少期は未知なものを発見し、触れては驚き、感激するという体験を繰り返していますが、常に指図されることで行動を抑制し、豊かな感受性を鈍らせてしまいます。制限を持たず、自身で見いだした事柄は探求心につながり、無限の可能性を生み出します。

 興味も着想も千差万別であり、そこから生まれる問いも全てが答えに結び付けられるわけではありません。キラキラと瞳を輝かせる子どもには「自己肯定感」や「幸福」という言葉は存在せず、ささいな喜びや発見に向かって真っすぐに、ただ楽しいという感覚が存在しているはずです。これらはまさに子どもたちの在り方なのです。

 私たちは年齢を重ねるにつれ「生き方」を学んでいきます。協調性を持つこと、良い大学へ進学し、良い仕事に就くこと、相手に好かれる方法など。失敗しないための事前情報を与えられ、自らの考える力、さらには自分自身が何をしたいかさえも置き去りにしてきました。

 元々持っていた感性や自然な「在り方」を忘れ、あるタイミングで「生き方」に変わってしまったことに気が付きます。自身を置き去りにしたままでは、簡単に環境や他人のせいにする人生を送ることにつながってしまいます。

 私たちを取り巻く環境が急激に変化している今だからこそ、立ち止まって、自身の在り方・子どもたちへの接し方(教育)を見つめ直す時なのではないかと感じています。



ソウワ・ディライト広報室室長 柴田美里 高崎市飯塚町

 【略歴】電気工事や地方創生活動を展開する同社で広報室長を務める。サイボウズ経営塾メンバー。2018ミスワイン日本大会グランプリ。共愛学園前橋国際大卒。

2020/2/23掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事