コロナを好機に 新しい働き方へ脱皮を
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回新型コロナという「外圧」が生じたことにより、日本では従来の働く仕組みがガラッと変わりました。テレワーク、時差出勤、在宅ワーク、リモート会議など時間と場所に縛られない働き方によって働き手の価値観が変わり始めています。仕事のベースは時間ベースから、成果ベースという視点が登場し、会社は評価基準を否が応でも新しくする必要が出てきました。

 これらのリモートワークの普及により、従来の日本で浸透している「メンバーシップ型」から欧米の「ジョブ・ディスクリプション型」という雇用形態に移行する会社が今後増えていくことでしょう。

 「メンバーシップ型」では、社員は会社と終身雇用契約を交わす代わりに、多様な業務をこなし、幅広い知識や技能、経験などを備えながら、仕事内容、勤務地、仕事時間、配属、キャリア設計なども、会社の都合で行われていきます。

 一方、「ジョブ・ディスクリプション型」は、会社で自分のスキルをどのように生かせるのか、評価基準となる自分の職務、責任範囲、必要な技術や知識、キャリアパスなども明確化されています。そのため短期的にキャリアアップを望んでいるスペシャリストたちにとっては好まれるスタイルで、海外の会社で推奨されています。

 「ジョブ・ディスクリプション型」雇用の利点は、情報が明確化されているため、配属先のミスマッチングや評価への不満が生じにくいことです。加えて、日本のように終身雇用ではないので、プロフェッショナルな仕事をする人材が集まり、自然と会社に新たな価値を生み出す土壌が生まれていくことです。

 弊社の場合、日本人だけでなく、さまざまな国籍のスタッフが所属していることもあり、日本スタイルの良さと、グローバルスタンダードの良さを混ぜ合わせながら、ここ数年試行錯誤し、働くスタッフのスキルに合わせ、雇用形態を柔軟に進化させてきました。今回のコロナによって、さらにより良い人材を求めて、ジョブ・ディスクリプション型に移行する準備を始めました。

 世界の激しいグローバル競争に対応するため、「働き方改革」や「ダイバーシティー」、「プロフェッショナル化」、「デジタル化」などの重要課題が以前から唱えられていましたが、従来の日本の体制から脱皮することができずにいました。

 今回のコロナは、今まで当たり前だった日本の働き方を見直す、いいきっかけかもしれません。新たな働き方によって、新しい生活スタイルや新たな選択肢も生まれています。未来を見据え、日本に起きたこの大きな変化をチャンスと捉え、これからさらに多様な人々が活躍できる日本での新しい働き方に生かしていくのはどうでしょうか。



グローリーハイグレイス社長 相京恵 高崎市白銀町

 【略歴】2004年に同社を設立。高崎市でレストランや英語による学童保育、インバウンド事業を運営する。外国人スタッフの雇用にも積極的に取り組む。同市出身。

2020/06/20掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事