ゼロ戦とグラマン 客観的な検証で評価を
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 堀越二郎は1903年、藤岡で生まれ、旧制藤岡中から一高、東京帝大工学部航空学科を卒業し、三菱内燃機関(現・三菱重工業)に入社、96式艦上戦闘機、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)、雷電、烈風といった海軍戦闘機の設計に携わった不世出の航空技術者である。

 中でもゼロ戦は、太平洋戦争の開始から終わりまで、海軍の主力戦闘機として使われ続けた堀越の代表作である。

 ゼロ戦に関しては防弾装備(燃料自動洩(も)れ止め装置・防弾ガラスなど)の欠如がよく指摘される。ゼロ戦に対するこの批判は必ずしも当を得た議論ではないが、防弾装備がないことで、ゼロ戦は「人命軽視」「非人道的」戦闘機とされ、設計者である堀越の責任を問う意見も少なくない。

 ゼロ戦が計画された37年当時、防弾装備を備えている戦闘機は世界を見渡してもほぼ存在していない。当然、海軍からの要求もなかった。それが当時の「世界標準」だったからである。ゼロ戦が制式採用された40年においても、アジアに配備されていた戦闘機の多くは防弾装備がなかった。

 太平洋戦争が始まった頃、アジア・太平洋地域に配備されていたアメリカ軍戦闘機の多くも同じであった。にもかかわらず堀越とゼロ戦に対してのみ「人命軽視」等の批判がなされ、アメリカ軍機に対しては、そうした声が一切聞かれないのはどうしてなのか。

 43年になると、防弾装備は世界標準となり、日本でも新たに設計される戦闘機には、防弾要求がなされるようになる。この年、ゼロ戦の防弾改修が決定し、翌年には防弾が施された機体が実戦配備されている。ゼロ戦に防弾装備がなかったという指摘は、この限りにおいて正確ではない。

 一方、43年に投入されたアメリカの新鋭機グラマンF6Fは、防弾が標準装備となっていたことでゼロ戦と比較されるが、このグラマンの防弾装備とてゼロ戦の武装(20ミリ銃)の前では、その効果は限定的だった。

 こうした事実があるのに、グラマンの防弾装備を必要以上に強調し、ゼロ戦の価値をおとしめ、堀越の功績を否定しようとする「印象操作」が今なお行われている。この背景には、戦前・戦中の日本のあり方を否定することこそが善であるとするアプリオリな「戦後的」意識があると思われる。

 具体的な検証作業をせずに史的価値を論じることは、歴史学として絶対にやってはならない。当時の社会状況、技術水準を考慮せず、現代的価値観のみで歴史的評価を下すことも厳に慎むべきである。

 史料と事実に基づいて、常に客観性を保ち、感情に左右されず、結論ありきの歴史にくみさない。この真摯(しんし)な姿勢が今、われわれ歴史学者に求められている。



藤岡学研究会代表 塩出環 藤岡市三本木

 【略歴】2019年に同会を発足。行政書士。高校非常勤講師。元同志社大人文科学研究所研究員。専門は日本近現代史。神戸大大学院博士課程修了。博士(学術)。

2020/07/01掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事