地域の財産、地形と水 災いと恵みの歴史映す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京で都市の微地形に着目した町歩きを続けています。「山の手」と呼ばれるエリアは坂の多いことで知られていますが、自分が特に着目しているのはスリバチ状の窪(くぼ)地や谷地。それらは湧き出る清水がつくった山の手特有の地形。そうした場所は古代から、地域にとってはオアシスのような大切な存在だったに違いありません。

 なぜなら湧水地点のそばには弁財天や厳島神社がまつられていることが多く、その地域にとっての神聖な場所に位置付けられています。「山の手」とよばれる武蔵野台地は水利に乏しく、水が得られる湧水スポットは雨乞いなどの信仰の場所でもありました。そして旧石器時代や縄文・弥生時代の集落の遺跡も、これら湧水スポットの周辺で発掘されています。

 江戸の城下町の成り立ちを支えたのも、これら窪地の湧水でした。江戸時代初期に造られた神田上水は、神田川の水を堰上げ、神田や日本橋などの城下町に水を届ける土木施設。その水源が武蔵野台地のオアシス・井の頭池、善福寺池などでした。井の頭池のほとりには弁財天がありますが、神田や日本橋の町人が寄進した石灯籠などが今でも残されています。

 地形とともに「水」に着目することで、町の歴史や文化、その土地ならではのユニークな都市史を知ることがあります。そんな視点で、しぶきを上げ勢いよく流れる水を眺めながら広瀬川河畔(前橋市)を歩いてみると、稀有(けう)な風景であることに気づきます。

 広瀬川は利根川を利用した灌漑(かんがい)用水で、人工の水路ゆえ水量の制御が可能。すなわち洪水のリスクをコントロールできるのです。だから自然河川と違って河原がなく、水辺が近いのが特徴。本来は農業用水ですが親水性の高いスペースが多く、都市に潤いを与えています。さらには発電や染物業などにも活用されてきました。

 高崎市にも室町時代より農業や生活に利用されてきた長野堰用水がありますし、桐生市にも大堰用水や赤岩用水などが存在します。桐生は織物業用水車(撚糸(ねんし)水車)の発明により、江戸後期から大正期にかけて国内有数の織物産業の町として栄えました。その土地ならではの水利施設はまさに、誇るべき地域資源に違いありません。

 趣味で「地形の谷間に着目する」と公言するのは、不謹慎な面があるかもしれません。谷間というのは洪水に悩まされる地域が多いからです。けれども水には災いと恵みの二面性があるはずです。洪水多発地帯は、見方を変えれば肥沃(ひよく)な土地であり、農業的には高い生産性のポテンシャルを有しています。世界四大文明(エジプト・メソポタミア・インダス・黄河)はいずれも大河の流れる土地に花開いたものなのです。



東京スリバチ学会会長 皆川典久 東京都江東区

 【略歴】スリバチ状のくぼ地を観察・記録する東京スリバチ学会を2003年に設立。地形マニアとしてNHK「ブラタモリ」に出演。前橋市出身。前橋高―東北大卒。

2021/01/23掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事