碓氷線の歴史 峠越えの記憶を後世に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1997年9月30日。信越本線横川-軽井沢区間、最後の日。さよなら。日本一の急勾配「碓氷峠」。2021年。横川-軽井沢区間廃止から23年。煙を上げて走る蒸気機関車が、峠越えを支えた電気機関車が、今日もこのまちで動いている。「横川のまちに汽笛は鳴り止(や)まない」

 碓氷線の歴史を次の世代に伝えるために制作したショートフィルムの冒頭の原稿だ。撮影は昨年末から行い、インタビュー形式で蒸気機関車の機関士1人、電気機関車機関士3人に汽笛の思い出を聞かせてもらった。ショートフィルムは全編で30分。鉄道の開通から廃止までの歴史を解説しながら進行していく。ナレーションは横川をホームタウンとする安中市観光大使、茂木洋晃さんが担当し、優しくも力強く語ってくれる。

 急勾配の碓氷線には、専用の補助機関車が不可欠だった。1893年から1963年まではアプト式機関車が、63年以降は特殊装備を施したEF63形電気機関車が使われた。それら碓氷線専用の機関車を管理、整備し、乗務する機関士が所属したのが、現在は碓氷峠鉄道文化むらがある横川機関区だった。

 アプト式時代の碓氷線は1列車に機関車が4両。機関士4人と助士2人の計6人がワンチームで動く。アプト式は歯形のレールにかみ合わせる高崎駅から31キロの地点が腕の見せどころだ。丸山変電所を越えて、ラックレールにかみ合わせる前には機関車のピニオンギアの回転を始める。衝撃が加わらないベストな進入速度を保ち、レールにかみ合わせると汽笛で合図をする。気心が合わないと列車がうまく動かない。仕事がうまく回るように、勤務後はみんなで一杯交わした。家庭的な雰囲気があったという。

 インタビューでは、時代の変遷や碓氷線廃止当時のことを語ってもらった。本で読むことのできない、インターネットでも検索できない、聞かせてもらわないと知ることのできない、このまちにある「誇るべきストーリー」がそこにはあった。人々に残る暮らしの記憶も、旅の思い出も、この場所で生まれた全てのことは、知ってもらうことから始まる。

 提供してもらった、当時ホームビデオで撮った映像と対比するように、新たに撮影した。急勾配に挑んだ先人たちのようにワンチームで制作することができたのは、歴史から教わったことの偉大さを全員が肌で感じたからだ。

 碓氷峠に汽笛が鳴り響いた104年の挑戦の歴史。私の祖父が汗を流し、手を真っ黒にして働いて、今でも愛する横川のまち。「横川のまちに汽笛は鳴り止(や)まない」。このキャッチコピーが行き止まりのレールの先をつないでいく合言葉になり、映像やデザインで人の力が重なり合ってきている。歯車がかみ合って進むように。





安中市観光機構職員 上原将太(安中市松井田町横川)

 【略歴】2018年から現職。「廃線ウオーク」ガイドなどを務め、地域の魅力を発信。都内の印刷会社を経て帰郷。安中市出身。東京農業大北海道オホーツク卒。

2021/4/22掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事