秋のアウトドア 季節の移ろい楽しんで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さん、今年の夏は楽しめましたか。夏のレジャーは2年続けて新型コロナウイルス感染症の影響を受けました。しかし、健康的な生活をする上で適度な運動は必要ですし、室内に閉じこもっていることに耐えられない方も多いでしょう。今回はコロナ下でも楽しめる秋のアウトドアを紹介します。

 前回取り上げたカヌーは秋の代表的なアウトドアアクティビティーです。広い湖面にポツンと浮かび、残暑を忘れさせてくれる風がなんとも心地いいです。緑の木々は次第に鮮やかに色付き、それが散り始めると冬の近づきを実感します。野生動物も活発に動きます。厳しい冬に向け、食料を蓄えようと湖畔まで下りてくることもしばしば。そんな動物たちを観察できるチャンスが多いのも秋のカヌーの醍醐味(だいごみ)です。温かい飲み物を持って、優雅に湖畔の動物を眺められたら最高のぜいたくですね。

 登山もお薦めです。気温が下がってきて爽やかな陽気の中でお目当ての頂上を目指しましょう。高い山も低い山もそれぞれに魅力があります。日暮れが早くなりますから、自分の体力と技術に合い、余裕を持って登れる山を選ぶことが重要です。登山中の食事も楽しみの一つ。もしかすると頂上に登るより楽しみかもしれません。9月、10月、11月と同じ山に遊びに行くと、より季節の移り変わりを感じられます。今のうちに道具をそろえ、登山デビューを目指してはいかがでしょう。

 秋といえば秋晴れと台風。天気がいい日は良いですが、急な気象変化に備えることもとても重要です。以前の本欄で雨でも楽しめるアウトドアについてお話ししましたが、準備さえ整えれば十分満喫できます。むしろ雨でしか楽しめないこともありますので、諦めずしっかり準備しておきましょう。

 注意したいのがクマです。冬眠前に活発になる時季ですので、アウトドア遊びをする際はクマ避けの鈴やスプレーの準備をお忘れなく。出くわしてしまった時の対処法を事前に調べておくと焦らずに行動できます。こちらもぜひ準備してください。

 現在、欠かせないのがコロナ対策ですが、人と人との距離を取りやすいのがアウトドアの良いところです。超人気スポットに行かなければ「密」状態はほとんど避けられるでしょう。事前の買い物は地元で済ませ、目的地まで自家用車で往復するなら、感染リスクもかなり抑えられるのではないでしょうか。

 もちろん、地域の感染状況に応じて外出を控えることは言うまでもありません。感染対策をしっかり講じた上で、心身の健康を保つために外出するのであれば、アウトドア遊びは今の時勢に合っているのではないでしょうか。





アウトドアガイド 須田建(みなかみ町上牧)

 【略歴】2017年にみなかみ町のアウトドア会社「ワンドロップ」立ち上げに参加。自伐型林業団体「モクメン」所属。神奈川県藤沢市出身。東京農業大卒。

2021/9/12掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事