風呂川の小さな流れ 前橋城下町形成の鍵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 風呂川は上小出町で広瀬川より取水後南流し岩神町で東に変流しるなぱあくの溝を越え県庁方向に流れています。

 変哲もない小川に見えますが実際は前橋城下町の形成に広瀬川と共に大切な役割を果たした河川です。前橋城の前身は厩(うまや)橋衆長野氏が築城した厩橋城で風呂川の開削も同時期と推測します。

 厩橋衆長野氏は元総社町以東の群馬郡を基盤におく中世の豪族で、1400年代は旧市街を大河として南東に流れていた古利根川が県庁の西側に変流し始めた時期に当たります。当時は古河公方と関東管領上杉氏の2大勢力に分かれ争乱が続いており長野氏は上杉方の有力武将でした。厩橋城は両勢力の境界の台地北端の戦略的重要拠点に位置し北側は流量の減った古利根川が流れ南部は古利根川よりの揚水困難地域が目立つようになっていました。

 長野氏は城下町拡大にあたり北側を離水化し、洪水を受けない地帯にするととともに南部の乏水化地帯に用水路を開くという二律背反策を考える必要に迫られ、この解決を風呂川が担うことになったと考えています。当時の旧市街古利根川流入路は正田醤油スタジアム一帯から①東南流し岩神稲荷東部を流れ前橋三中北東部から旧市街へ②岩神町へ南流し、現在は廃絶している旧八幡川に流入し旧市街へ東流③南流する桃の木川本流―の3流路と考えられます。

 この①の流路を正田醤油スタジアムの東で埋め立て盛土により堤防とし次第に高くし②の八幡川旧路を止め、この堤防上に粘土で固めた溝を作り風呂川を流し高い位置を保ったまま厩橋城の堀に導水し、南部の台地の一部を潅(かん)流することに成功しました。厩橋城近傍部は柳原の土手と呼ばれ古利根川よりの用水路をせき止め、乗り越えるために造られたと考えています。

 厩橋城図において前橋城図の風呂川の流入点に一致する場所に「風呂」と書かれた堀があり、城内に流れ込む様子が描かれています。当時の北外堀は江戸期と異なり東西両側に落ちる勾配があったと推測され、風呂川が城内に入るためには流入点の両側に隔壁の存在が、また城内に入る部分に隔壁が欠けている構造が必要です。この構造は茶の湯の道具「風炉」によく似ており、ここから風呂名が由来し、風呂川と呼ばれるようになったと想像します。他に関口功一氏が古代物部氏にゆかりのあるフル、フロ名に由来するとの説を提唱しています。

 今回述べたことは江戸期上野国国絵図、前橋城図および厩橋城図等をデジタル化し、明治期地形図、現代図とコンピューター上で重ね合わせて得られました。思いがけない発見があり郷土史を楽しむ新しい手法となるのではと思っています。新しい視覚的表現を用いて多くの人が郷土史を楽しむようになることを願っています。



内科医 小野久米夫 前橋市日吉町

 【略歴】内科医の傍ら、独自に地形について研究。2017年6月、利根川流路の変遷を紹介する市民講座「群大版ブラタモリ」を開いた。群馬大医学部卒。

2018/05/15掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事