広瀬川の謎 古地図で迫る開削目的
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 広瀬川は市街地の中心を流れる前橋市の象徴といってもよい河川です。しかしいつから、なぜ今の位置を流れるようになったか、人工河川とすると誰が何の目的で開削したのか謎となっています。私は古地図等を検討し、広瀬川の原型を中世にまでたどり探求しました。

 中世の前橋北部を南流する古利根川は荒牧町→昭和町の東ルートと川原町→敷島公園の西ルートの併流が想定されます。最近公開された江戸時代初期の寛文国絵図によると、広瀬川は東ルート起始部あたりの利根川より取水後、現広瀬川西側の西ルートを流れ、上小出北部で西ルートより分離しています。その後敷島公園の正田醤油スタジアム群馬よりの古利根川流路跡を利用し、岩神町南部に至り変流して東南東に流れています。

 このことより広瀬川は①古利根川を東ルートから西ルートへと移し、関根以南を離水化し②古利根川の変流により乏水化した前橋台地へ再配流するため上小出で古利根川より分離―の2段階の過程で造られた人工河川と推測され、長野氏の厩(うまや)橋城城下町の形成に関連すると考えています。

 また①により利根川の県庁脇への変流が加速されたと考えられます。前橋城前身の中世厩橋城絵図を見ると興味深いことに広瀬川は現在の旧市街中心を東流する位置になく、立川町北東端部のあたりを南流しています。この流路は北が現在の佐久間川に接続する位置にあります。国土地理院の治水地形図を見ると正田醤油スタジアム群馬より東南流し「三中通り」沿いを流れ佐久間川に合流する旧河川路が描かれています。

 この旧河川路が中世広瀬川と思われ、佐久間川(古桃の木川)と合流後現在の広瀬川文学館あたりで南に向かって大河として流れていたと思われます。現諏訪橋あたりに「広瀬の渡し」と書かれており大河のため渡しが必要であったことが分かり、広瀬川の名前の由来と思われます。

 しかしこのルートは屈曲部、合流部等で洪水時に容易に氾濫するものと思われ、流路の変更が江戸初期酒井氏の時代に行われたと考えます。まず佐久間川と合流しないよう南流する流れを延長し岩神町南部で東に屈曲変流させ、屈曲部を柳原の土手で支え、万が一の時には現在の柳原の放水路方向に氾濫流を流したと考えられます。

 さらに旧市街中心部を東へ流れ、分流として端気川が開発されたと考えます。これにより端気川が水流の勢いを保ち前橋台地の坂沿いをゆっくり勾配を上げ遡上(そじょう)する流路となり、台地上への揚水と城下町の洪水氾濫の防止という二つの目的を実現したものと考えられます。河川の流れをたどることにより過去の歴史の新しい視点が得られることを広瀬川は教えてくれます。



内科医 小野久米夫 前橋市日吉町

 【略歴】内科医の傍ら、独自に地形について研究。2017年6月、利根川流路の変遷を紹介する市民講座「群大版ブラタモリ」を開いた。群馬大医学部卒。

2018/07/07掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事