私の仕事 家族築く序幕の助言者

 私の仕事であるフリーランスのウエディングプランナーについて紹介したい。

 結婚式のスタイルは少しずつ変化してきている。フリーのプランナーとつくるウエディングもあくまでその一つだと考える。欧米ではポピュラーなスタイルだが、日本ではまだスタートしたばかりである。

 結婚式をすることが決まると、まずはインターネットや雑誌で情報収集し、実際に気になる結婚式場へ足を運んでみる。そこで専属のプランナーが、その会場で行うウエディングについて説明しながら、イメージを膨らませてくれる。続いて希望に合った内容でお見積もりを確認、日程の調整などをする運びとなる。何カ所か見学し、条件やイメージに近い場所に決めるのが、一番多いスタイルではないだろうか。

 フリーのウエディングプランナーとの大きな違いは、私たちは会場の専属ではなく、挙行する場所を持っていない。お客さまのご希望に合う会場を一緒に探すことから始まることが多い。それは、受け入れてくださる結婚式場やホテルであったり、レストランやレンタルスペースであったり、時には屋外、公園、キャンプ場や美術館、そこがウエディング会場として利用できるのであれば、その可能性を追求していく。

 会場選びだけではなく、衣装、会場コーディネート、ヘアメーク、撮影関連、引き出物、プログラム内容、司会者や音楽関連、招待状などのペーパーアイテムなど、全てに制限はなく、一つ一つ吟味しながらセレクトしていくのである。時にはウエディング全体のテーマを決め、それに添って組み立てることもある。

 2人のウエディングに何が必要かを、常に一緒に模索しながらつくっていくので、2人にも大きな負荷がかかることは間違いない。それを負荷と感じるか、楽しいと感じるか、である。

 私は単純にこのスタイルが好きだ。しかし、誰にとってもベストだとは考えていない。洋服や食事に好みがあるように、ウエディングも好きなスタイルを選んでもらえるようになってほしい。しかし、結婚式となると自分の好みだけでは選べないのも事実。ゲストの人数、2人が割ける時間やコスト、生活スタイルや周囲の環境など、いろいろと考慮しながら決めるのが、新しい家族をつくるという、大人の責任だとも思う。

 さまざまな状況にある2人に、ウエディングのプロとして、選択肢のアドバイスや導きになるような言葉を伝えられたらと思う。時には結婚式場へ直接申し込むことを勧めることがあっても良いのだ。その普及にはフリーのウエディングプランナーがいることを、もっとたくさんの人に知ってもらうことが必要である。今はそれが私の仕事なのだと思う。



フリーウエディングプランナー 砂賀美絵子 桐生市本町

 【略歴】27歳からウエディングの仕事に従事し、2015年に桐生市内に店舗「オー ハッピー ウエディング」を開設。桐生女子高―白鷗女子短大卒。

2018/08/19掲載

関連記事
特集・連載 > 視点オピニオンの記事