新しい前橋へ
ごあいさつ

上毛新聞社は本社屋に隣接する前橋市古市町の約5,800㎡で、新たな開発事業に取り組みます。オフィスやマンションで構成する多目的複合施設を建設し、広く施設のテナント利用などを募ります。

開発事業は不動産事業を手がける株式会社オープンハウス様のグループ一体となったご協力を得て、オフィスエリアとマンションエリアからなる複合棟と、収容規模500台相当の立体駐車場、及びこれら施設をつなぐペデストリアンデッキの整備を予定しております。2023(令和5)年度の着工、2025(令和7)年度の完成を目指しています。

オフィスエリアには、教育・文化・情報などの分野で、市民がオープンに利用できる学びの場を併設します。ニュースをテーマとした体験型の学習ゾーンや、社会人や学生のサテライト教室、企業者や異業種間の交流スポットをプロデュースし、地域社会に貢献する学びのステージを創出します。

交通の利便性が大きな魅力です。JR上越・両毛・吾妻各線が結節する新前橋駅前に立地し、群馬県内はもとより東京・埼玉方面へのアクセスに優れます。買い物、医療などの生活環境も整っています。“コロナ後”を見据え、新たな一歩を踏み出すその場所に、ぜひご検討ください。

上毛新聞社
前橋と高崎を つなぐ拠点。
イベントスペース・多目的スタジオ
オフィス・カフェ・テナントの複合施設
駅前立地で都市型住居の分譲住宅
各施設と駅をつなぐ大型駐車場など
新前橋の新たな価値を生み出します。
テナント利用、 プランは現在進行形。
オフィスのフロア構成は 利用者のご要望を伺いながら、
プランをまとめてまいります。
起業者向けの小規模オフィスから、 支所、出張所の中規模フロア、
業務の拡張に対応する大規模フロアまで、 多様なニーズに応じます。
併設の大型立体駐車場とあわせ、
芸術文化活動の拠点、 レストランやカフェの 交流スポットとしても好立地です。

※建物の形状は変更する可能性があります。
学びと交流の ステージ。
地域社会に貢献する学びと 交流のステージを目指しています。
オフィスエリアには 新聞やニュースに関する
学びのスポット(案)を設けるなど、
さまざまな企画を展開します。
市民のニーズを受け止めて
ステージを発展させてまいりますので、
ご意見、ご要望をお寄せください。

※建物の形状は変更する可能性があります。
地図
お問い合わせ先
上毛新聞社 経営企画室
〒371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21