急性胃炎と慢性胃炎
 胃炎という診断名は、心窩部痛(しんかぶつう)や悪心(おしん)などの上腹部症状がある時にしばしば用いられます。症状と検査所見が一致しないなど、若干、あいまいな点があるようです。自覚症状がはっきりしている場合は、内視鏡検査を行って正確な診断を得ることが大切なようです。
 まず、急性胃炎についてみてみましょう。急性胃炎では、胃粘膜に浮腫、細胞浸潤(さいぼうしんじゅん)、びらんなどの急性炎症が起こり、心窩部痛が急激にあらわれ、悪心、嘔吐、腹部膨満感なども認められます。内視鏡検査では、胃粘膜の発赤(ほっせき)、浮腫、多発性のびらんに加えて、時には出血まで確認できることがあります。このような状態に加えて、急性の出血性胃潰瘍を伴うものを総称して、最近では急性胃粘膜病変という診断名を使うのが一般的です。治療としては、可能な限りストレスから遠ざかって安静を第一としますが、さらに薬やアルコールなど原因として考えられるものがある場合は、まずその原因を取り除くことが大切です。食事の注意も重要ですが、薬物療法としては胃潰瘍と同じように、胃粘膜保護剤や制酸剤を使うことになります。
 つぎに慢性胃炎をみてみましょう。慢性胃炎として明確な定義があるわけではないのですが、胃粘膜の慢性炎症と胃固有腺の萎縮を主要所見とする病気ということができます。表層性胃炎、萎縮性胃炎、あるいはタコイボ胃炎などに分類されますが、その病変にも、胃潰瘍に進展してゆくタイプと、長い時間をかけて、胃癌へ進展してゆくタイプとがありそうだ、ということですが、まだ充分な解明はなされていないようです。治療は、急性胃炎の場合とそれほど違いませんが、いずれの場合も、原因としてストレスの関与が広く知られており、安定剤や抗うつ剤などが有効な場合も多いようです。
 最近では、ヘリコバクタ・ピロリ、いわゆるピロリ菌の関与が重視されるようになり、胃癌に発展するのを阻止するという考えからも、胃炎、そして胃潰瘍の治療では、遠からずこのピロリ菌対策が中心になると思われます。
2000年1月