AKBグループ総監督・横山由依、NGT48暴行被害騒動を謝罪「起きてはいけないことが…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AKB48のチームAが12日、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLで『AKB48 チームA単独コンサート~美しき者たち~』を開催。冒頭のMCでAKB48グループ総監督の横山由依(26)が、NGT48の山口真帆(23)の暴行被害騒動について言及した。

 あいさつ冒頭に「今回、すごく起きてはいけないことが起こってしまいました。皆様にご心配をおかけしてしまって、申し訳ありませんでした」と、メンバーを代表して謝罪した横山は「私も総監督として今後の対応についても含め、運営に厳しく言わせていただきました」と語った。

 騒動の発端は、山口が9日朝に投稿した「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました」「暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」というツイート。SNSはは心配の声であふれたが、NGT48運営側がコメントを発表しないまま、10日に新潟のNGT48劇場で行われた3周年記念公演に山口が出演。騒動となったことを謝罪し、その後、運営側が公式サイトで一連の経緯と謝罪文を掲載した。

 AKB48グループは、きょう12日から19日までの8日間で全15公演を実施。自身のソロコンサートを17日に控えたキャプテン・岡部麟が率いるチームAがトップバッターを務めた。岡部、横山のほか、奥本陽菜、小栗有以、加藤玲奈、後藤萌咲、下尾みう、篠崎彩奈、鈴木くるみ、田口愛佳、谷川聖、千葉恵里、長久玲奈、西川怜、人見古都音、前田彩佳、宮崎美穂、向井地美音、山根涼羽、吉田華恋が出演した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事