劇団4ドル50セント・福島雪菜、城田優と濃厚キス 『私のおじさん』第3話に出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレントの岡田結実が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)の第2話(18日放送済み)のラストで、城田優が演じるディレクターの千葉迅と濃厚なキスを交わしていた謎の女の正体が第3話(25日放送)で明らかになる。謎の女を演じるのは、劇団4ドル50セント所属の福島雪菜。第3話に、合コンマウンティング女子“まゆこ”として改めて登場する。

【写真】“当たり”イケメン商社マンを演じるのは黒羽麻璃央

 同ドラマは、就職した途端、超過酷ロケで有名なバラエティー番組に配属されたポンコツな新人AD・一ノ瀬ひかり(岡田)と、彼女の前に突如現れた陽気で毒舌な妖精のおじさん(遠藤憲一)の珍妙なお仕事ライフを描く。

 城田ふんする千葉は、仕事のために“男を武器にする”敏腕ディレクターという役柄にふさわしく、第1話、第2話と立て続けに、異なる女性との情熱的なキスを披露してきた。

 第3話では、チーフADの出渕(小手伸也)と先輩ADの九条(戸塚純貴)に仕事を押し付けられたひかりが、ようやく仕事を終え、いつもの居酒屋へ行くと、合コン中の出渕らと鉢合わせ。しかもその中に、千葉と濃厚キスをしていた(第2話の)女の姿を発見する。その女の名は、まゆこ。合コンで女子力の高さを見せつけ、その場にいた唯一の“当たり”イケメン商社マンを射止めてしまう。

 そんなまゆこを演じる福島は、2017年に秋元康プロデュースで立ち上げられた劇団4ドル50セントに所属し、同劇団公演で主要キャストを務めるほか、『2018FNS歌謡祭』(フジテレビ)で城田との共演も果たしている。

 城田について福島は「世間話をしたり、優しいお兄さんのような存在ですが、仕事に対するプロとしての姿勢を勉強させていただける、とても尊敬している先輩です」とコメント。今回の役については、「どこにでもいるような女性で、合コンに懸命なところなど女性目線で共感できる部分もたくさんありました。台本をいただいたときに、自覚なく自分も、こういうことしちゃってるかもな〜と、思いました。視聴者の方にも親近感を持って『こういう人いるわ〜』と、思ってもらえたらうれしいです」と、話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事