高橋英樹×沢口靖子、初共演 十津川警部と鉄道捜査官・花村乃里子がコラボ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気作家・西村京太郎原作の人気ドラマ「トラベルミステリー」シリーズ第70作を記念して、同じく西村氏の小説をドラマした「鉄道捜査官」シリーズとのコラボレーションが実現した。「トラベルミステリー」警視庁捜査一課・十津川警部役の高橋英樹と、「鉄道捜査官」村乃里子役の沢口靖子が初共演。『西村京太郎トラベルミステリー第70作スペシャル「十津川警部VS鉄道捜査官・花村乃里子」』として、3月17日(後9:00~11:05)にテレビ朝日系で放送される。

【写真】亀井刑事役の高田純次と3ショット

 西村氏が生み出した人気キャラクター“十津川警部”が、時刻表や鉄道にまつわるトリックを解明、事件の背後に潜む人間ドラマを浮かび上がらせていく「西村京太郎トラベルミステリー」シリーズ。1979年にスタートし、『土曜ワイド劇場』をメインに放送を重ね、40年もの歴史を積み上げてきた。

 一方、「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官」シリーズもまた、2000年に第1弾が放送されて以来、ミステリーファンはもちろん、鉄道ファンを魅了。18年5月放送の作品で、第18作を数えた。

 今回、「トラベルミステリー」シリーズが第70作という記念すべき節目を迎えるにあたり、同じ西村氏原作であり、鉄道ミステリーでもあるという共通点から、「鉄道捜査官」シリーズとのコラボが実現する運びとなった。

 本作では、悪徳ジャーナリストが殺害される事件が発生。遺体を遺棄した男と事件当日、奇しくも東京駅で遭遇していた乃里子は、捜査協力を申し出る。やがて、十津川と亀井刑事(高田純次)は真相を追って山形へ。捜査を進めるうち、事件の奥底に秘められた、切なくも温かい親子愛が浮かび上がってくる。緊迫のストーリーの合間には、両シリーズにレギュラー出演している山村紅葉のお楽しみ場面や、ミステリーファンを喜ばせるスペシャルならではのせりふなども多数、盛り込まれている。

 人気キャラクターが一枚岩となって捜査に当たるというファン待望の展開で、高橋も「いや、ビックリしましたよ! こんな大型コラボは初めてですし、ましてや沢口靖子さんという大女優が我々の作品に登場してくださると聞いたときは、思わず“ウソでしょ?”って言っちゃったんです」と、心底、驚いたことを明かしている。

 自身が愛着を持って19年間演じてきた役柄のまま、異なる作品世界に招き入れられた沢口も「記念すべき70作目という作品に“鉄道捜査官・花村乃里子”として登場させていただけるなんて、とても面白い企画だなとワクワクしました」と、かつてないコラボに心躍らせた。

 高橋は初共演の沢口に撮影現場で2度も驚かされたことを告白。ひとつ目の驚きは、その“小顔”っぷり。高橋は「沢口さんの第一印象は…とにかく、お顔が小さい! 私は、“芸能界で高橋英樹より顔が大きいのは柔道家の篠原信一さんだけ”といわれているくらいですから、本当にビックリしちゃって(笑)」とジョークを交えながら、「長いこと主役を張っておられるからか、内側からにじみ出るパワーが本当に素晴らしい! デビューのときからの新鮮味がまったく失われていない方」と、沢口のたたずまいを絶賛していた。

 2つ目の衝撃は、意外にも“笑い上戸”だったこと。山村紅葉との共演シーンで、沢口が「実は私、ものすごく笑い上戸なんです。ツボに入ってしまって、おかしくて大笑いしちゃいました」というハプニングがあり、「クスリとも笑わない、楚々とした方だと勝手にイメージしていた」という高橋は、「いきなりケラケラと笑いだしたので、そりゃあもうビックリしましたよ(笑)」と、沢口の明るくてキュートな一面をベタ褒めしていた。 

 撮影は、終始和やかなムードで行われたが、沢口は「英樹さんと間近で目が合うと、圧倒されるような迫力を感じました。私も負けないように足を踏ん張って、頑張ってせりふを言ったつもりです」と、先輩の偉大な存在感を受け止めながら、緊張感を失わずに撮影に挑んだことも語っていた。

 最後、高橋が「日本人がこよなく愛する“鉄道”を背景に人間の情愛が描かれていますので、我々をはじめとする登場人物たちの人間ドラマを感じていただければうれしい」と、力を込めてみどころを語ると、沢口も「15年の歳月を経て確かめられていく、親子の絆を描いた感動的な物語です。微力ながら、鉄道捜査官・花村乃里子もお手伝いさせていただきますので、どうぞご期待下さい!」と、息ピッタリに作品をPRしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事