ピエール瀧容疑者の冠番組『しょんないTV』打ち切り決定 4月からゴールデン昇格予定だった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたことを受け、冠番組『ピエール瀧のしょんないTV』を放送していた静岡朝日テレビは15日、番組の打ち切りを発表した。

【写真】ピエール瀧&平岩紙“夫妻”がカムバック

 同局は「静岡朝日テレビでは、『ピエール瀧のしょんないTV』をこれまで毎週木曜深夜24時25分(金曜・午前0時25分)から放送してきました。4月からは、番組をゴールデンタイムに昇格して放送する予定で、既にロケ等を行ってきていました。しかし、12日の瀧容疑者の逮捕という事態を受け、残念ではありますが番組を終了せざるを得ないと判断いたしました」と報告。

 視聴者に対して「視聴者の皆様にはご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございません」と謝罪し、「これまで約8年半、番組を支持してくださった皆様、本当にありがとうございました」と今まで視聴に感謝した。

 同番組は、静岡市出身の瀧容疑者が、「しょんない(静岡弁で「しょうもない」)ことに真実がある」をキャッチフレーズに、県内のマニアックな場所を巡るロケ番組。テレビ朝日系列をはじめ、テレビ神奈川などでネットされていた。

 瀧容疑者の逮捕は各方面に影響を与えている。出演中のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』は、10日に放送された第10話の再放送(16日・後1:05~)は瀧容疑者の出演シーンをカットして放送。「NHKオンデマンド」では、『いだてん』のほか連続テレビ小説『とと姉ちゃん』や『あまちゃん』、大河ドラマ『龍馬伝』のシリーズ全作品の配信を当面停止することを発表した。
 
 映画では、吹替え声優を務めたディズニー映画『アナと雪の女王』のオラフ役の声優交代が発表。5月公開予定の映画『居眠り磐音(いわね)』は、当該の出演箇所を撮り直し、差し替えた上で予定通り公開される。音楽活動では、15・16日にZepp Tokyoで開催予定だった公演が中止、CD・映像など商品の出荷停止と回収、およびデジタル配信が停止、また石野卓球が23日に出演予定だったイベント出演を中止している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事