『リラックマとカオルさん』予告編解禁 音楽は岸田繁&主題歌はくるり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気キャラクターリラックマとカオルさんが過ごす色とりどりの12ヶ月をストップモーションアニメで描くNetflixオリジナルシリーズ『リラックマとカオルさん』(4月19日より世界独占配信)の予告編が公開された。音楽はすべて岸田繁が作曲し、主題歌はくるりの書き下ろし楽曲「SAMPO」に決定。本編の配信への期待がますます膨む映像となっている。

【動画】岸田繁による音楽&くるりの主題歌入り予告編

 今回の予告編では、全13話を通してリラックマとカオルさんたちの12ヶ月を描いているということで、お花見、鯉のぼり、てるてる坊主、雪だるまなど、季節を感じさせるシーンが随所に登場。いつもマイペースなリラックマと、何かと悩み多きアラサーOLのカオルさんの笑いあり、涙あり、そして大事件もあり(!?)な日々を垣間見ることができる。

 ちょっとトボけたアラサー女性のカオルさんの声を担当しているのは、女優の多部未華子。「冬のボーナス、カット」に落ち込むことはあっても、どんなときも常にカオルさんのそばにいるリラックマ、コリラックマ、キイロイトリ。丁寧に紡がれた春夏秋冬の風景と、カオルさんたちの生き生きとした表情が、ストップモーションアニメならではの温かみのある映像で表現されている。

 さらに、主題歌の「SAMPO」が流れる中、スキップするカオルさんの姿に、思わず口ずさんで踊りたくなるシーンも。「がんばる、を忘れる10分間」のメッセージに合わせて「まぁ、いっか」と微笑むカオルさんのように、肩の力がちょっと抜けるストーリーを、岸田の音楽とくるりの主題歌が、もう一つの主人公として作品を盛り上げている。

 音楽を担当した岸田もリラックマのことを知っていて、「シンプルで愛らしいのに、シンメトリックでクールな印象を持っていました。物語のなかで、少し印象が変わりました」とコメント。「お仕事をいただけて光栄でした。スタッフさんたちも、熱のこもっている方々だったので、良い温度感を作品に持ち込んで、私の仕事が上手くハマれば良いなと思いました。リラックマたちの動きに合わせたリズムや、全体的にのんびりとしたムードを作ることを意識しました」と、曲作りを振り返る。

 「作り込み過ぎず、一筆書きを意識してモチーフをさっさかと作っていきました。人形を使ったストップモーションアニメということで、アナログ的なものと、最新の技術の融合を、劇中音楽の中でも追随しました。ウクレレやギターの音なんかも、敢えて生楽器を使わずにプログラミングで作っています」とこだわりも明かしていた。

 「どのシーンも、ほんのり心に織り目があることに気付くような、人肌感のある物語になっていると思います。カオルさんのアッサリとしたキャラクターと、季節感あふれる物語のシーンに、観ている人たちも引き込まれるのではないでしょうか」と、太鼓判を押している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事