吉田明世アナ、フリー転身後初レギュラー 有吉弘行「デカイ事務所に入っているから安心」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年1月にTBSを退社し、フリーアナウンサーとなった吉田明世が、初めてのレギュラーとなるカンテレ・フジテレビ系『噂の現場急行バラエティー レディース有吉』(4月9日スタート、毎週火曜 後10:00~10:54※初回のみ後9:00~2時間SP)の初収録が25日、都内のスタジオで行われた。

 番組のMCはタレントの有吉弘行。美しさや若さを求める女性にまつわるさまざまなうわさに注目し、その渦中にいる人物たちの元へ急行し、密着取材をとおして、その真相を追求していく。

 収録後、取材に応じた吉田アナは「有吉さんとご一緒できてうれしかった」と笑顔。有吉は「吉田さんを見ると、『サンジャポ』の人だ!っていう感じでやっていました。カンテレの番組とは思えない、TBSでやっている感じ。『爆報! THE フライデー』かと思った」と初回の感想を語り、笑わせた。

 有吉といえば、これまで夏目三久や高橋真麻など、局アナ出身のフリーアナウンサーと番組を共にしてきた“請負人”でもあるが、吉田アナとのタッグに「だいたいの人が例に漏れずデカイ事務所に入っているから安心。(吉田アナは)アミューズですし。アドバイスすることもないんですよね。どうせ頑張ってやるから」と、何の不安もない様子。

 一方、吉田アナは「有吉さんには人見知りのイメージがある」と切り出し、恐る恐る「どのくらい話し変えてもいいですか?」と聞く場面も。有吉は「本番以外、話しかけることないじゃない。興味ないでしょう? 全然、話しかけないでいいですよ」と、安定の塩対応。その分、「本番で私が話したことに反応してくださって、人見知りの中にもやさしさを垣間見ました」と吉田アナの中の有吉株は、この日だけで急上昇したようだ。

 局アナ時代はアシスタントとして出演することが多かったが、フリーになって「お金をもらうようになり、台本に書かれているせりふの量が増えた」と、吉田アナが話したのを聞いて、有吉は「食べきれないくらいの量のフルーツサンドを差し入れしていましたよね。やっぱギャラをもらっているんだなって、感じがしました」と暴露。吉田アナは「これまで差し入れをあまりしたことがなかったので、迷いに迷って」と、照れ笑いしていた。

 初回放送では、約120万円で20歳若返る最先端医療を体験する57歳のジャガー横田に密着。果たして、ジャガーの身にどんな変化が現れるのか? 「食事をせずに呼吸だけで美しさを保つ人たちがいるらしい」といううわさを確かめに情熱の国・スペインへ。約1億円をかけて遺伝子治療を行い、20歳の若返りに成功したという女性も登場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事