松重豊、映画初主演で北川景子と年の差夫婦に “男性不妊”に真正面から向き合う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年の差夫婦の妊活の日々を描く映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』で、俳優・松重豊が映画初主演を務めることが27日、わかった。妻役には女優・北川景子を迎え“デコボコ”夫婦が誕生する。映画は10月に公開される。

【写真】美しい!大胆な無防備なドレス姿を披露した北川景子

 原作は、作家・ヒキタクニオ氏の体験をもとに書き上げた同名のエッセイ。一般的には馴じみの薄い“男性不妊”を真正面から描きながら、ヒキタ氏のユーモアあふれる語り口で展開される。メガホンをとるのは、人気ラジオ番組『宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD』の構成を務め、多くのテレビ番組や舞台の構成や演出を担当するなど、マルチに活動する細川徹監督。

 松重が演じるヒキタクニオは、49歳の作家。妻の声をきっかけに妊活を始めたが、自らに不妊の原因があることを知り、子どもを授かるために全力で妊活に挑む。北川が演じるヒキタサチは、不妊治療にも弱音をはかずに取り組むしっかり者。そのほかのキャストでは、ヒキタの担当編集・杉浦俊一を濱田岳、不妊治療専門医・桑島医師を山中崇、サチの父・田野辺和夫を伊東四朗が演じることが発表された。

 松重は「北川景子さんが奥さん役で、この年齢差をどう成立させなきゃいけないのか、そればかり考えて現場に入りました。そこはさすが北川さん、自然な夫婦感を醸し出してくれました」とし「北川さんをはじめ、伊東四朗さん、濱田岳くん、実にナチュラルにこの世界を包んでくださる共演者に囲まれ、ストレスを感じないスタッフワークと共に、クランクアップが恨めしいほどでした」とコメント。

 北川は「松重さんとは何度も共演させていただいているので、信頼関係が出来上がっている状態で演じられたのは本当に良かった。松重さんと毎日朝から晩まで一緒にいて、本当に家族のような錯覚さえ覚えました」と、松重との夫婦役を喜んだ。「すぐに、自然と夫婦になれたような気がしました。この作品に取り組んで不妊治療について詳しく知ったのですが、夫婦の心の絆と、困難にぶつかっても乗り越える強さがなければ到底できない、大変なことだと知りました」と作品のテーマへの思いも寄せた。

 細川監督は、キャストについて「2人が揃った初日の夫婦のかけあいがとても自然体な夫婦になっており、さすがでした。北川さんは、自然な演技がとても魅力的で新しい発見ができるかと思います」と絶賛。さらに「良い雰囲気の中で撮影できましたが、北川さんが松重さんより早くクランクアップした翌日の朝、スタッフ一同、北川ロスになり、穏やかだった現場で初めて怒号が飛んだのも良い思い出です」とエピソードも明かした。

 また、本作は4月に開催される『第9回北京国際映画祭』のコンペティション部門への正式出品が決定。ワールドプレミアとして、世界へ向けて初のお披露目となる。同部門への出品は園子温監督の『ラブ&ピース』(2015年)以来、2作目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事