『ドキュメンタル』シーズン7に小籔、霜降り・せいやら初参戦 “メキシコ版”の日本配信もスタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon Prime Videoの人気シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン7が、26日に全5話を一挙配信。全話を一気に配信するのは、シリーズ初の試みとなる。

【画像】シーズン7の配信に先がけて”メキシコ版”が日本で配信開始

 今回は、小籔千豊、ザブングルの加藤歩、トム・ブラウンのみちお、霜降り明星のせいやが初参戦。そのほか、3回目の出場となる東京ダイナマイトのハチミツ二郎、2回目の出場となる雨上がり決死隊の宮迫博之、たむらけんじ、ハリウッドザコシショウ、フットボールアワーの後藤輝基、千鳥のノブらが集結し、これまで以上に未知なる笑いの仕掛け合いが繰り広げられる。

 収録後のインタビューで、松本は「笑い疲れたというか、こんなに芸人に何時間も面白いことをやらせ続け、働き方改革的にいいのかなとも思いましたね。予想通りと言いますか、予想以上と言いますか、ラストの1秒まで無駄にせずやりきりましたね」と手応えをにじませている。

 最新シーズン配信に先がけて、Prime Original『LOL:HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル~メキシコ版~』が、きょう16日より配信をスタート。メキシコを代表するコメディアンであり、近年では俳優・作家・監督・プロデューサーとして、ハリウッドでも活躍するエウへニオ・デルベス氏によって集められたスタンドアップ・コメディアンから、女優、俳優、YouTuberとさまざまな分野で活躍する男女10人が笑わせ合いバトルに挑戦する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事