LINE、新コンテンツ「LINEノベル」発表 今夏サービス開始 文学賞『令和小説大賞』も開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEが16日、スタンプ、漫画、ミュージックに続く新たなコンテンツ事業「LINEノベル」を発表した。既存の出版社の枠組みを越えた小説プラットフォームとなり、講談社や集英社などの200作品が読めるほか、新レーベルも創刊。今夏にサービスの提供を開始する。

【全身ショット】透けシャツ×スカート姿の高山一実

 通信環境の発達により、画像や動画などのコンテンツが増えている環境の中、小説・ノベルといったテキストベースのコンテンツの需要が多いことからサービスを提供。ライトノベル、ケータイ小説など、時代にあわせて変化してきた「小説・ノベル」分野に、想像力を育み感性を豊かにする文学分野における「新しい文化」想像にチャレンジしていくという。

 画像・イラスト=スタンプ(LINEスタンプ)、紙の漫画=電子コミック(LINE漫画)、CD・ダウンロード=サブスクリプション(LINEミュージック)といった現在あるLINEサービスに続く新たなコンテンツ「小説・ノベル=LINEノベル」となる。

 具体的な施策としてLINEノベルによる「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」といった新レーベルを創刊。統括編集長として『ソードアート・オンライン』『とある魔術の禁書目録』などを担当してきた三木一馬氏が担当。『ソードアート・オンライン』などの人気作家の大型タイトルも掲載される。

 都内で行われた発表会では、サービス開始に伴い、LINE、日本テレビ、アニプレックスの3社共同による文学賞「令和小説大賞」の開催が決定した。アンバサダーとして、メンバー初の小説家デビューとなった乃木坂46の高山一実が務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事