元ふきのとう・細坪基佳、歌手活動45周年の矜持「あのとき、気付かなければ僕は今こうして歌っていなかったかもしれない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「白い冬」「風来坊」「春雷」「やさしさとして想い出として」などのヒットで知られるふきのとうとして活躍した細坪基佳が、昨年デビュー45周年を迎えた。ふきのとうとして18年、その後はソロのシンガー・ソングライターとして、昭和・平成と時代を越え、多くの人々にその歌声を届けてきた。45年に及ぶ音楽活動の中で、大きな転機になったこととは? 6月9日の記念コンサートに懸ける思いと共に話を聞いた。

【写真】ロングヘアにグラサン…若かりし頃の細坪基佳

■45年の歌手人生での大きな転機 それがあったから今も歌い続けられる

 昨年6月にデビュー45周年を記念してリリースした細坪基佳の最新作「Old Time Good Time」。このアルバムには、昔から変わらないフォーキーで温かみのあるメロディーから、疾走感のあるロックチューンまでさまざまな楽曲を収録。その多彩な楽曲に、ふきのとう時代から定評のあるハイトーンボイスが冴えわたり、年齢を重ねて、肉体の衰えとのギャップに苦しむアーティストが多いなか、このアルバムでは、デビュー時よりも力強さを増し、つややかで張りのある歌声を聴かせてくれる。

「アルバムタイトルは『古き良き時代』という意味を込めて付けてたわけではないんです。『Old Time』とは、ある一点を指すわけではなく、ここまで歩んできた(人生の)道のりのこと。それが『Good Time』。もちろん、笑った、泣いた、悔しい思いをしたこともたくさんあって、それを含めて、『自分が歩いてきた道』があったから、今こうして笑っていられる。そんな思いの詰まったアルバムです」(細坪)

 45年間歩んできた歌手人生があるから今がある。細坪にはそう言い切れる理由があった。

 今から45年前の1974年、札幌のライブハウスで歌っていたところ細坪の元に、東京のレコード会社のスタッフが現れ、その誘いを受ける形で上京。9月にふきのとうとしてデビューし、「白い冬」「風来坊」「春雷」「やさしさとして想い出として」などのヒット曲を次々と発表していくなか、84年に行った日比谷野外大音楽堂でのコンサートには、定員をはるかに上回る数万の応募があるほど人気を博し、86年には日本武道館でコンサートを開催。92年に解散するまでの18年間、日本の音楽史に大きな影響を与えてきた。そんな細坪に歌手人生の大きなポイントを挙げてもらうと、ふきのとう解散後ソロで活動し始めたころを挙げてくれた。

「歌手としてデビューして、それが仕事になってくると、当然のどに負担がかかってくる。若いころはそれを無理やり力でねじふせて、声を出していた時期もありました。声出なくても、リハーサルやれば大丈夫だったし、またそれで酒飲んで、大声出して盛り上がって(笑)。朝になって『声出ないなー』って思っても、またリハやって声出して…って生活を繰り返していて。でも、そのうちだんだん治りが遅くなっていくし、どうも自分の描いた歌い方と違うし。グループを離れソロになってみるとそれが顕著になってきて、のどを痛めて声が出なくなる時期があったんです、その時に初めてその後(歌手として活動)できなくなる可能性があると思ったんです。それで自分ののどに対して意識を持ったんです。『お前(のど)のおかげで俺は(歌手として)生きているんだ』って。それが、酒だタバコだ、夜更かしだって、何をやっているんだという話ですよ(笑)。活動始めて20年くらいたってからかな……。遅すぎますよね」(細坪)

 歌手として長く歌っていきたいという思いは、のどのケアだけではなく、自身の表現方法にも大きな変化をもたらした。

「のどへの意識が変わると同時に、歌声の表現や発声にもより意識がいくようになったんです。まず、周りから私のハイトーンを褒められる機会が多いんだけど、もっと深みを出すために、低音を磨くことにしたんです。例えばAメロってサビに向かうメロディーだから、低く歌って、サビでスコーンと突き抜ける曲が多い。それまでは、『自分の売りはハイトーンだから、サビでスコーンと掴めばいい。この辺(Aメロ)はどうでもいいや』って思いがどっかであったかもしれない。でもそのAメロを低音できちんと聴かせられると、サビで今まで以上に『おっ』と思わせることができる。世界が広がったんですね。そのことに気付いてからは、表現がより面白くなったんだよね。今まで歌ってきた歌も、違うアプローチで表現してみたら面白かったり。それまでトレーニングとかケア、研究的なことをやってこなかったのが、急にやり始めて歌ってみると違う世界が見えてきて、表現の幅を広がりましたね。より音楽にのめり込みました」(細坪)

「あのとき、気付かなければ僕は今こうして歌っていなかったかもしれない」とまで言い切る大きな気付き。この変化こそ、今なおこうして活動を続けられる礎になっている。

■誤解を恐れずに言えば、僕のことを知らない 若い人たちに訴えていこうという気はあまりない

 昨年から続く45周年イヤー。その集大成が、6月9日に日比谷野外大音楽堂で行う記念コンサート。先述の通り、ふきのとう時代、そして東日本大震災直後の2011年4月にソロとしてステージに立っているが、いずれもその光景が忘れられないという。

「当時は渋谷公会堂、中野サンプラザ、日比谷野音、日本武道館というのがアーティストの一つのステータスでした。フォークのメッカでしたからね。ふきのとうの時も、2011年もあの場所の熱気はすごい。やはり特別な気持ちになります。裏話をするとね、今回、日比谷野音でやりたいと思っていたんですけど、抽選で外れ続けていたんです。もうだめだなーと思っていた時に、6月9日にキャンセルが出るという話が舞い込んできた。これは運命だと思いましたね」(細坪)

 運命のいたずらか、巡り合うことができた細坪と野音。6月9日のコンサートには彼のこんな思いが込められている。

「僕を応援してくれるファンの皆さんは、僕と同年代が多い。歌い始めたころは、みんな少年少女だったけど、今はもう70歳近く(笑)。地方に行って僕が歌うのであればまだ来られると思うんですけど、野音に全員集合っていうと今の年齢がギリギリだと思ったんです。元気なうちに『今までここまでやってきたな俺たち』と振り返ると同時に、ここからもう一歩なにか踏み出すきっかけにもしてほしい。だから誤解を恐れずに言えば、僕のことを知らない若い人たちに訴えていこうという気はあまりないんです。老人たちの希望になってやるって思っています(笑)。音楽を通して、共通の思いを抱いて生きてきたファンの方々が全国にいらっしゃると思います。そういう方々と一緒にお祭りをやって、また明日に向かってそれぞれの道へ散っていく。そういうイベントにしたいと思います。自分でもワクワク、ドキドキしています。でも心配はしていない。なぜなら、失敗しても言わなきゃわからないってことを45年間で学んできたから(笑)。会場で会えるのを楽しみにしています」(細坪)

「(45年間の集大成とも言えるこのライブが終わった後)僕はどうなるのかわからない。終えてみて、『よし、次』というモードになるのか、『ここらで一息入れるか』となるのか。ただ、今は目の前の野音に全力で臨みたい」と入れ込む今回のコンサート。45年の思いが結集した熱い野音になることは間違いなさそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事