菅田将暉、アーティスト活動への思い 地元をたどるVTRに感慨「家で見たら泣いていたかも…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優で歌手の菅田将暉が、5月5日よりスタートするカンテレの新音楽番組『ギュッとミュージック』(2ヶ月に1度放送、初回は深1:00~1:59 ※関西ローカル)にゲスト出演する。メインMCの和牛、MCのTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの岩谷翔吾&浦川翔平に、アーティスト活動にかける思いを語る。

【写真】菅田将暉×米津玄師の私服ツーショット

 2ヶ月に1度、特別番組として放送される『ギュッとミュージック』は、水田信二扮する音楽好きのフィクサー“ベンジャミン・ミズタ”が、執事の川西賢志郎と、岩谷・浦川とともに“ひと味違った切り口”で音楽情報を紹介する。

 記念すべき初回ゲストとして迎えられた菅田は、現在放送中のドラマ『パーフェクトワールド』の主題歌「まちがいさがし」に込められたメッセージや、この曲を作詞・作曲・プロデュースした米津玄師との出会いなどを紹介。さらに浦川が菅田の地元である大阪府箕面市を訪れ、菅田が青春時代を過ごした場所など、そのルーツをリポートするVTRを見ると「これを夜、家で見ていたら泣いていたかも…」と打ち明ける。

 2組目のゲストは、若い世代を中心に人気を集め、ワンマンツアーもソールドアウト続出のOfficial髭男dismが登場。メンバーそれぞれの経歴や、地元・島根から東京へ出てきて驚いたことなど、彼ららしい素朴な一面が飛び出す。「東京で、一人で食事ができる店を見つけられていない」という彼らに、番組では“おひとりさまグルメ”を紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事