NESMITH、5・18に地元熊本でホークス戦始球式 芸能界の速球王・メンディーの存在で「かなりの緊張」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福岡ソフトバンクホークスは3日、本拠地の九州・福岡移転30周年記念として熊本・リブワーク藤崎台球場で18日に開催される『WE=KYUSHU デー in KUMAMOTO』(対日本ハムファイターズ戦)で熊本県出身のEXILE/EXILE THE SECOND のメンバーでボーカル&パフォーマーのEXILE NESMITHが始球式を務めることを発表した。

【写真】国歌独唱を行う熊本出身のLeola

 コメントを寄せたNESMITHは「今回ホークス九州・福岡移転30周年、そしてKAB開局30周年を記念した『WE=KYUSHUデー』にて始球式を務めさせていただく事になりました!」と喜び。GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーは133キロ、劇団EXILEの鈴木伸之は122キロを記録するなどEXILE一族の始球式は大きな話題となっている。「自分にとっても初めての始球式でもあり、後輩でもあるメンディーの球速記録も皆さんの記憶に新しいであろうタイミングでもあると思うでかなりの緊張もありますが、記念すべき日の大役をしっかりと務め、試合の良きスタートを切れる投球をしたいと思います!よろしくお願いいたします!」と力を込めた。

 また、国歌独唱は熊本県出身のLeolaが大役を担う。同じくコメントを寄せ「この度、熊本での福岡ソフトバンクホークスVS北海道日本ハムファイターズの試合で、国歌独唱をさせていただくことになりました! 熊本は、私の生まれ育った場所です。大好きな熊本で、大切な一戦を歌で応援させていただけること、本当に光栄に思っています! 精一杯の心で歌わせていただきますので、皆様よろしくお願いいたします!!」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事