『アサシンズプライド』19年テレビアニメ化 制作は『恋愛暴君』などのたEMTスクエアード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファンタジア文庫で連載中の『アサシンズプライド』が2019年にテレビアニメ化されることが決定した。あわせて、ティザービジュアルが公開され、アニメーション制作は『ありすorありす』『恋愛暴君』などを手がけたEMTスクエアードが担当する。

【画像】運命と対峙していくファンタジー『アサシンズプライド』

 同作は、天城ケイ氏によるライトノベルが原作で、主人公クーファ・ヴァンピールが、公爵家に生まれながら無才の少女メリダ・アンジェルとともに、裏の任務や各々の運命と対峙していくファンタジー。ファンタジア文庫で2016年1月より連載しており、発行部数はシリーズ累計40万部を突破している。

 描き下ろしのティザービジュアルは、暗がりの中に佇むメリダと刃を抜くクーファが、「少女の価値を世界に示せ」という原作からのキャッチコピーを表したイラストとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事