深川麻衣『ビッグコミック』表紙に “ダジャレに親しみをもつ女優”としてインタビュー記事も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の深川麻衣が、17日発売の『ビッグコミック』6月増刊号(小学館)の表紙を飾った。掲載されているインタビュー記事『ダ洒落大陸』では、「ダジャレに親しみをもつ女優」として撮り下ろし写真とともに登場している。

【写真】乃木坂時代の”聖母”イメージから一転…大胆キャミ姿で縁側に佇む深川麻衣

 これは同誌で連載中の漫画『空母いぶき』の実写映画が24日に公開されることを記念したもの。映画に出演する深川麻衣のほか、俳優の玉木宏、佐藤浩市、西島秀俊、佐々木蔵之介も4月25日発売号から4号連続で表紙を飾る企画となっており、3号目となるきょうの発売号では、劇中でコンビニエンスストア店員・森山しおりを演じる深川が表紙を飾った。

 玉木と佐藤はすでに表紙に登場しており、今後は25日発売号にいぶき艦長・秋津竜太役の西島秀俊といぶき副長兼航海長・新波歳也役の佐々木蔵之介が表紙に登場する。

 『空母いぶき』の舞台は、世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年で、日本の最南端沖で起こった国籍不明の漁船二十隻による突然の発砲が起きる。日本の領土である波留間群島の一部が占領され、海保隊員が拘束されてしまう。未曾有の緊張が走る中、政府は戦後初の航空機搭載護衛艦「いぶき」を中心とする護衛群艦隊を現場に向かわせるストーリー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事