小手伸也『コンフィデンスマン』SPドラマで再び副音声 “ちょび髭”瀧川英次も登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の小手伸也が、18日放送のフジテレビ開局60周年特別企画『コンフィデンスマンJP 運勢編』(後9:00)で、連ドラ時に恒例だった副音声企画『五十嵐のスウィートルーム』に再び登場。ドラマ内で謎の男・五十嵐を演じている小手がホストとしてMCを務め、ちょび髭役の瀧川英二がゲスト出演する。

【写真】副音声収録中の小手&瀧川

 小手は「SPドラマで副音声なんてやる訳がないと思っていたのですが、実施するということで驚きつつもうれしかったです(笑)。今回、瀧川さんとご一緒させて頂いて、“五十嵐のスウィートルーム”史上、最も盛り上がった回になったのではないかと手応えを感じていますのでお楽しみに」とコメントを寄せた。

 副音声企画初登場の瀧川は、「緊張しすぎて、手の震えが止まらなかったです」と冗談めかしつつも、収録中はよどみないトークを披露。これまで副音声企画を何度も担当している小手も、そんな瀧川の様子を「ちゃんとドラマの内容に話を戻してくださって、的確なコメントを頂けたので安定感抜群でした」と信頼を寄せた。

 収録で小手はセットの飾りや美術さんのこだわりなどを披露し、「今回は、裏話というよりは若干、視聴者の方に近い目線で、僕らだからこそ気づけるネタについてお話させて頂きました」と話す。一方、瀧川は「最初に副音声を聞きながら、ドラマを楽しむ方もいるかもしれないので、ネタバレに気遣いつつ、あおりを入れてみました。副音声のCM編集ポイントも意識しました(笑)」と工夫したそうで、小手を「お見それしました(笑)。“副音声の主”としてお恥ずかしい限りです(笑)」と感心させた。

 今回のSPでも、主演の長澤まさみ、東出昌大、小日向文世ら演じる、ダー子、ボクちゃん、リチャードら信用詐欺師たちが、悪人から大金を奪うため騙し騙されの大暴れ。北村一輝、広末涼子、船越英一郎、そして中山美穂らがゲスト出演する。さらに、連ドラ時から五十嵐&ちょび髭の出番も増加…?

 瀧川は「小手さんのお仕事が忙しくなってきたので、僕の時代が来たのかもしれません(笑)」と胸を張れば、小手は「何を奪おうとしているんですか(笑)。譲らないですよ(笑)」と頑な。瀧川が「でも、僕らにはモナコ(織田梨沙)という強力なライバルがいますから(笑)」と新キャスト・織田の登場に肩を落とすと、小手も「オーディションを勝ち抜いた“本物のシンデレラ・ガール”ですからね(笑)」と白旗をあげていた。

 なお、今回は同企画で史上初めて、副音声収録の模様を動画で撮影。二人が話している動画は公式ツイッターにて午後9時から配信される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事