小松菜奈&門脇麦、150人のファンとデビュー曲合唱で涙ぐむ「うるっとしちゃいました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の小松菜奈、門脇麦が21日、東京・タワーレコード渋谷店で開催された映画『さよならくちびる』(5月31日公開)CDデビュー&映画公開記念イベントに登場。小松と門脇は同作で“ハルレオ”としてギターデュオを組み、あす22日に4曲入りEP『さよならくちびる』を発売する。この日は主題歌でもある「さよならくちびる」をファン150人と合唱して涙くんだ。

【写真】門脇麦と小松菜奈の付き人を演じる成田凌

 歌い終えると門脇と小松は言葉に感無量の表情。門脇は「すごい普通にうるっとしちゃいました。すごいうれしいです」と語り、小松と顔を合わせて「しんみりしちゃったね」、小松も「撮影のときを思いだしちゃった。みんなで歌うっていいね」と語り、デビュー目前を実感していた。同作に出演し、2人と一緒に歌うはずだった成田凌は「やばい。(歌わずに)聴いてて歌うの忘れてた。すばらしいですよ。僕もしんみりしてる」と会場を和ませていた。

 CDデビューが初めてという小松と門脇。デビュー前夜の気持ちを聞かれると門脇は「本当にすてきな曲なので、みなさんに聴いていただけるのはすごくうれしい」としみじみ。一方の小松は「今の時代CDっていうすごくね...。いいなと思いました」と音楽配信が進んでいく時代でCDを出すことに喜びを感じているようだった。

 同作の主人公は、音楽にまっすぐな思いで活動するレオ(小松)とハル(門脇)のギターデュオ・“ハルレオ”。しかし、付き人のシマ(成田)が参加したことで徐々に関係がこじれていく。全国ツアーの道中、明らかになるハルとレオの秘密、隠していた感情。すれ違う想いをぶつけあって生まれた楽曲「さよならくちびる」が、3人の世界をつき動かしていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事