『白い巨塔』第一夜、視聴率12.5%
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ朝日系で22日放送されたテレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル『山崎豊子 白い巨塔』(後9:00~10:24)の番組平均視聴率が12.5%だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】白い衣装を身にまとった愛人役の沢尻エリカ

 作家・山崎豊子氏の不朽の名作として知られる同名小説が、岡田准一を主演に迎え、5夜連続で放送する大型ドラマ企画。第一夜は、主人公の浪速大学医学部第一外科・准教授、財前五郎が、“第一外科の教授になる”という人生最大の大勝負に向かって、野心をたぎらせていく姿が描かれた。

 きょう23日、第二夜(後9:00~10:24)が放送される。第一夜の終盤で、財前(岡田)が東教授(寺尾聰)に執刀を依頼した手術で、東は致命的なミスをしてしまう。図っていたかのようにそのミスをフォローし、東の自尊心を粉々に砕いた財前は、恩師であったはずの東と決定的な決別をすることに。

 財前は義父・又一(小林薫)の財力を後ろ盾に、教授陣の取り込みを開始、一方の東は対抗馬を擁立するため、他大学から候補者を招き…。財前、東、そして彼らを取り巻く登場人物たちの思惑と欲望が交錯する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事