松本白鸚、子ども3人に自身の仕事を“継承”「喜びがあります」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌舞伎俳優の松本白鸚(76)、松本幸四郎(46)が24日、都内で行われた松竹大歌舞伎『二代目松本白鸚襲名披露 十代目松本幸四郎襲名披露』東コース製作発表に出席した。

【写真】松本白鸚、娘・松本紀保&松たか子との親子3ショット

 昨年1月に親子三代同時襲名を行って1年半あまりが経過したが、自身の変化を聞かれると幸四郎が「なにもないというのが正直なところです(笑)。披露興行は、歌舞伎座をはじめとして大先輩をはじめとして、本当に温かい幸せな時間ばかりでございました。夢に見るのも虫が良すぎるくらい、夢のような時間でした。みなさまのお力をいただいて、さぁこれから何をやっていくんだろうっていうことが大事なのかなと。改めて感じています」とあっさりと語った。

 これを受けて、白鸚は「新幸四郎がこのような感じですので、白鸚としては真面目で」とにっこり。「襲名を発表した時に『これからの人生、アディショナルタイム。これがバカにならなくて、点が入る時もあれば逆転することもある』と冗談で申しました。ここに、新幸四郎がおりませんから言いますが、好きな踊り歌舞伎を取り組んでおります」と洒落を交えて息子の成長ぶりに目を細めた。

 白鸚は続けて「私としては、息子に幸四郎を渡しましたけど、娘が2人おりまして、女優で、よく考えますと、長女の松本紀保は、私がやっておりました現代作家と組んで小さな劇場でやってくれております。次女の松たか子、私がテレビとかミュージカルとかレコードを出していたのをやってくれていて、3人の子が私のやってきた仕事を継いでいる。娘2人は『そんなつもりはない』と言い、新幸四郎も今『全然変わらない』という感想を申しておりましたが、私自身の中にはとても悲しいです(笑)。3人の子に、自分のやってきた仕事を渡してこられたらなという喜びがあります」と声を弾ませていた。

 同公演の演目は「二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎襲名披露口上」「双蝶々曲輪日記 引窓」「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりそめ) かさね」で、6月30日から上演される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事