ホラン千秋、『カラオケ★バトル』産休・柳原可奈子の代打MC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレントのホラン千秋が26日放送のテレビ東京系『THEカラオケ★バトル-歌の異種格闘技戦-』(後7:54~9:54※全仏テニス放送のため、放送日時が変更となる可能性あり)から産休・育休に入った柳原可奈子の代打MCに就任。実は巨匠・堺正章がメインを務めた“あの”番組のアシスタントになるのが夢だったというホラン。番組は違えど夢を叶えられた喜びを語った。

【写真】産休・育休でしばらく番組を離れる柳原可奈子

 番組は、堺がオーナー務める日本一ゴージャスなカラオケボックスに、各界一流の歌のプロたちや、全国の歌うまシンガーたちが集結。カラオケマシンの採点で自慢の歌声を競い合う、まさに“歌の格闘技”。26日の放送では、オペラ、宝塚、アニソン、ゴスペル…各界最強のスペシャリスト8人が集結。それぞれのジャンルの意地とプライドをかけた1対1のガチンコ対決を繰り広げる。

 これまで、何度もゲストとして番組に出演していたホラン。「そのたびに切れ味鋭いコメントをしていただいた」ことから、代打MCをオファー。ホランも「ピンチヒッターという形で番組に参加させていただけるなんて光栄です」と快諾した。

 MCとして収録を終えた後には「改めて『THEカラオケ★バトル』ってすごいなと思いました。ゲスト側でシンプルに歌を聴いているだけでも、皆さんの歌声は本当に聞き惚れちゃうんですね。しかし、今回初めて拝見したMC資料などからは、どれ程の意気込みで挑戦者の方々が今日に臨んでいるのかが今まで以上に伝わってきて。改めて挑戦者の皆さんを尊敬する気持ちでいっぱいになりました」と話していた。

 ホランのMCぶりを見て、番組の柴幸伸プロデューサー(テレビ東京)は「温かい雰囲気の柳原さんとはまた違った、シャープなツッコミに百戦錬磨の堺さんが押される場面も…。柳原さんが戻ってくるまでの限定ですが、逆に今しか見ることのできない新司会陣と歌うま出場者の絶妙な掛け合いをぜひお楽しみください」と太鼓判。

 『チューボーですよ!』(TBS)でアシスタントをするのが夢だったというホランは、堺と並び立ち、「ゲストをイジったりツッコんだり、自らズッコケたり。視聴者の皆さんに番組を楽しんでもらおうとステージ上を縦横無尽に使う姿は、まさに“芸能界の巨匠”です! 横で一緒にやらせていただくと、よりそのすごさがわかるんです。どうしたらゲストの方々がより生き生きとお話しできるか、挑戦者の方々のバックグラウンドがより視聴者の方へ届くかということを大切にしていらっしゃって。全方位に向けたきめ細やかな心配りは、やはりさすがです!」と感服。「昭和の時代から受け継がれている司会の技や、ズッコケ芸を、堺さんから直接学べることを、ちゃっかり期待しています(笑)」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事