NHKの“古墳女子”、『ヒストリア』渡邊佐和子アナがいざなう「かわいい」古墳の世界
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHK総合で放送中の『歴史秘話ヒストリア』(毎週水曜 後10:30~11:20)。4月から3代目案内役として出演している渡邊佐和子アナウンサーは、NHK屈指の“歴女”であり、“古墳女子”。29日の放送で、世界遺産登録が確実視されている大阪の「百舌鳥・古市古墳群」を大特集することから、渡邊アナが古墳巡りで自ら撮影した写真も公開しながら「古墳の楽しみ方」を教えてくれた。

【写真】上空から撮影した古市古墳群「かわいい」かも

 実は週末の古墳巡りが趣味、という“古墳女子”の渡邊アナ。今回、ヘリコプターに乗って上空から自ら撮影した古市古墳群の写真を見て、思わず「かわいい…!!」とつぶやいてしまうほど、古墳好きだ。

 「ふだんから、各地の古墳を巡るのが趣味の私は、関東から九州までさまざまな古墳を見てきました。大きなものから見逃してしまいそうなくらい小さなものまで。長い年月の間に木々が茂って、自然の一部に溶け込んでいますが、実は、1000年以上も前の時代に、土や石を一つ一つ人の手で積み上げて造り出されたということに立ち返ると、感慨深いものがあります」と、その魅力を語る。

 今回の番組で紹介される古市古墳群の一つ、仁徳天皇陵とされる大山古墳は、日本最大の前方後円墳。全景を見ようと思っても、そう簡単にはいかないため、ヘリコプターに乗って、空から古墳に迫った。「世界遺産目前の古墳群を空から見る魅力は、なんといってもその形。小高い丘やこんもりした森のようにも見えるが、大きさも高さも形も、個性があるところが面白い」という。番組では、新緑に桜、この季節ならではの古墳の姿がぜいたくな映像が楽しめる。

 古墳巡りの魅力は「古墳に行けば、その土地の古代の物語が見えてきます。どんな人が権力を持っていたのか、どんな地形だったのか、建造にはどれほどの労力がかかったのか、さまざまな思いを巡らせることができます。しかも、登れば、当時のままの姿を体感できる! こんなに楽しくて身近な歴史遺産はありません」と渡邊アナ。

 さらに、渡邊流の“作法”も。「古墳によっては、登るとかなり傾斜があります。その時は必ず、一歩一歩かみしめながら登る。これが古墳を味わうポイントだと思います。最近は、新幹線に乗りながら、地図に表示される古墳を、実際の風景の中に探しながら眺めるのがマイブームです」と話していた。

 番組では、渡邊アナの古墳愛をもって、大阪が誇る百舌鳥・古市古墳群の魅力に、空から模型から、さらには古墳建造に使われた道具など、さまざまな角度から迫る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事