乃木坂46、3ヶ月ぶりライブに応募20万件 相次ぐ卒業も齋藤飛鳥が不安一掃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・乃木坂46が26日、横浜アリーナ3days公演の最終日を迎え、センターの齋藤飛鳥ら選抜メンバーが23rdシングル「Sing Out!」(29日発売)など全30曲を披露。約20万件におよぶ争奪戦を経てチケットを手にした1万5000人を熱狂させた。

【ライブ写真】センターとして乃木坂46をけん引した齋藤飛鳥

 初日のアンダーライブ、2日目の4期生ライブに続き、最終日は新曲の選抜メンバーが登場。過去最多22人の選抜メンバーでシングル表題曲「Sing Out!」を歌い、ロングスカートをひるがえしながら優雅に舞った。シングル曲「何度目の青空か?」「インフルエンサー」「おいでシャンプー」と立て続けに披露すると、齋藤は「横アリの皆さん、やっほ~! 夏にはまだ早いけど、熱い夜にしてくれますか~?」とあおり、「裸足でSummer」のサビでは観客が一体となって爆発的な盛り上がりをみせた。

 秋元真夏から意気込みを聞かれた齋藤は「私はもう、今日はバッチリです。任せてください!」と親指を立てて“キャラ変”したかのように気合十分。秋元から「いつもと違くない?」とツッコミを入れられると「私は昨日、白石麻衣さんの…いや、里見萌先生の魂の授業を聞いてしまったので、今日はバッチリなんですよ」と白石が出演する日本テレビ系ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)の25日放送回を引き合いに出してゴキゲン。「あの授業は私だけのために開講された授業だから、私はちゃんと受け取って力にしたい」と熱弁は続き、隣で聞いていた白石は「うれしい…」とニコニコ顔で喜んだ。

 ユニット曲パートでは、4月に発売された4thアルバム『今が思い出になるまで』収録曲の「ぼっち党」を生田絵梨花、桜井玲香、久保史緒里で、「ゴルゴンゾーラ」を堀未央奈、北野日奈子、渡辺みり愛で披露し、続けて「頬杖をついては眠れない」では、白石、秋元、高山一実、新内眞衣に加え、23枚目シングルには参加していないもののこの日がラストステージとなる斉藤優里も合流。秋元は「このメンバーで披露できてよかったよね」と喜んだが、斉藤は「でも今日限りかな」とあっけらかんとし、白石は「あぁ…」としょんぼりした。

 中盤にはりんごの髪飾り、りんごの衣装を着た松村沙友理が“さゆりんご軍団”の軍団員を呼び入れ、佐々木琴子、寺田蘭世に続き、24日のアンダーライブでグループを卒業した伊藤かりんを呼び、会場は大歓声に包まれた。「白米様」「さゆりんご募集中」の2曲を披露すると、この日は伊藤の26歳の誕生日とあり、バースデーソングに乗せてケーキが登場。“将棋親善大使”でもある伊藤にふさわしい、「香車」の駒を模した渋い色のケーキで、伊藤は「まさかの将棋…しかも全力すぎませんか?」と驚きながらも「すごい特注でありがとうございます」と喜んだ。

 松村は伊藤に宛てた手紙を読み上げ、「わがままな軍団長から最大のわがままを言わせてください。かりんちゃん、乃木坂を卒業しても、さゆりんご軍団は卒業しないでください! 簡単じゃないことはわかってます。でも、軍団長は本気です」「私たちはかりんちゃんの今後の人生をたくさん応援しています。でも、サヨナラはしません」と宣言し、割れんばかりの拍手が送られた。ラブコールを受けた伊藤も「私も抜ける気はないし、さゆりんご軍団の武道館の夢は一生あきめらるつもりはないので、50年後くらいになっちゃうかもしれないんですけど、みなさん生き延びて、絶対遊びに来てください。本当にお世話になりました」と軍団長に作ってもらった花道に感慨深げだった。

 また、アンコールの「ダンケシェーン」ラストのキメせりふで「やっぱ乃木坂だな!」と絶叫し、1万5000人の「だな!」を浴びた斉藤優里は満面の笑み。手紙でファンに想いを伝えた斉藤は「また笑って会いましょう! バイバーイ!」と涙をこぼしながらも明るく再会を約束。「泣かないつもりだったんだけど、最後泣いちゃいました」と照れ笑いした。

■齋藤飛鳥、乃木坂の“変化”を語る「変化って終わりがない」

 今回の横浜アリーナ3daysは、2月24日に京セラドーム大阪で開催された西野七瀬の卒業ライブ以来3ヶ月ぶりのライブだった。その間に衛藤美彩も卒業し、この3daysでも1期生の斉藤優里と2期生の伊藤かりんがラストステージを迎えた。昨年11月末に4期生11人が加入する一方で卒業も相次いでいる。

 齋藤は「乃木坂って今、変化が大きい時期だなというのはたぶん皆さんも感じていると思うんですけど、変化って終わりがないものだと思っていて、それを悲しく思う方もいるかもしれないんですけど、私は和気あいあいと楽しいこのグループの人たちは、案外変化にも耐えうる人たちなんじゃないかと感じております。なのであんまり不安はないです」と胸中を吐露。

 凛とした表情で「もちろん我々の中には変わらない大切なものはずっとあるので、それは引き続き大切に、ずっとずっと大切にしていきたいと思っています」と決意表明すると「次の曲では私たちのそんな気持ちが少しでも示せたらなと思います。ここにいる全員で歌わせてください。『君の名は希望』」と曲紹介。観客からは「おぉ~…」という声が漏れた。

 Wアンコールの最後にはキャプテンの桜井玲香も「これからも乃木坂はいろんな形に変わっていくと思いますけど、皆さんの愛とパワーをたくさんもらって、私たちはこれからも成長していきたいと思います」と誓い、「まずは今日のライブでたくさんパワーをもらいましたので、このパワーを夏の全国ツアーにバンバンぶつけていいライブをしていきたいと思いますので、これからも乃木坂46の応援をよろしくお願いします」と呼びかけた。

■『乃木坂46 23rdシングル「Sing Out!」発売記念 選抜ライブ』セットリスト
Overture
01. Sing Out!
02. 何度目の青空か?
03. インフルエンサー
04. おいでシャンプー
05. 裸足でSummer
06. ぼっち党
07. ゴルゴンゾーラ
08. 頬杖をついては眠れない
09. 走れ!Bicycle
10. 夏のFree&Easy
11. ガールズルール
12. 太陽ノック
13. ジコチューで行こう!
14. 曖昧
15. 平行線
16. のような存在
17. Am,I Loving
18. 白米様
19. さゆりんご募集中
20. ありがちな恋愛
21. 命は美しい
22. シンクロニシティ
23. スカイダイビング
24. ロマンスのスタート
25. 君の名は希望
【アンコール】
26. Sing Out!
27. 13日の金曜日
28. ダンケシェーン
29. 乃木坂の詩

■出演者:大園桃子、堀未央奈、生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、高山一実、与田祐希、梅澤美波、北野日奈子、秋元真夏、久保史緒里、松村沙友理、星野みなみ、桜井玲香、井上小百合、佐藤楓、鈴木絢音、岩本蓮加、阪口珠美、渡辺みり愛、伊藤理々杏、新内眞衣/斉藤優里/伊藤かりん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事