高杉真宙、初の刑事役に意気込み「大人への第一歩を踏み出す」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の高杉真宙(22)が、テレビ朝日系で7月期に放送される木曜ドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』(7月スタート、毎週木曜 後9:00)に、26歳にして警視庁捜査一課の警部補・高橋紀理人役で出演することが発表された。今回、初めて刑事役に挑戦する高杉は「僕は10代の頃は犯人役が多くて、実は、刑事役にはすごく憧れがあった…」とコメント。「カッコいい大人への第一歩を踏み出すべく、頑張って刑事らしく佇んでいきたいです」と意気込んでいる。

【写真】ファンイベントで変顔を披露した高杉真宙

 同ドラマは、韓国で2017年に放送され、大ヒットしたドラマ『サイン』を、俳優の大森南朋主演(民放連続ドラマ単独初主演)でリメイクする群像サスペンス。法医学を基軸に、絶対的権力を誇示する巨悪を相手取った“真実”をめぐるし烈な戦いを描く。日本版では「日本法医学研究院」なる、厚労省・警察庁共管の架空組織を設定。法医学の現場で実際に起こりうる、第三者による解剖結果への“干渉”や“忖度(そんたく)”を国レベルに押し上げ、物語をダイナミックに揺り動かしていく。

 失敗と挫折、裏切りと陰謀に翻ろうされながらも、遺体に残された真実の証(=サイン)と正義を求めて突き進む解剖医と仲間たち。あらゆる事件において、彼らが突き止める“真実”と、権力側がねつ造する“真実”が共存する中、両者は“自分たちの真実”を“本当の真実”として確立させるため、デッドヒートを繰り広げていく。

 そんな中、あるスターの死亡事件をきっかけに、想像を絶する巨大権力が暗躍しはじめ、解剖医たちが導き出した“真実”は闇から闇へと葬り去られてしまうことに…。全話を通してどこまでも複雑に絡み合う驚愕の展開を繰り返し、誰も予想できない号泣必至の衝撃ラストを迎える。

 大森が、愚直なまでに真実と正義を追求する偏屈かつ無頼な解剖医・柚木貴志を演じるほか、女性初の捜査一課長を目指す野心家の管理官・和泉千聖役に松雪泰子。柚木の助手となる新人解剖医・中園景役に飯豊まりえ。彼らの前に立ちはだかる、権力に寄り添う国立大の法医学教授・伊達明義役に仲村トオル。

 高杉が演じる紀理人は、千聖(松雪)の部下。生意気だが正義感にあふれ、若手ゆえに経験値はまだまだ浅いが、刑事としての勘が冴えており、仕事ぶりは優秀。

 役柄について「柚木さんや千聖さんら、大人たちは権力争いなどに巻き込まれて、ちょっとドロドロしているんですけど(笑)、僕が演じる紀理人は純粋に真実を追い求める刑事」とコメント。

 また、紀理人には、“女たらしの一匹狼”という設定もあり、「ちょっと軽い部分もありますけど、誰からも好かれるタイプの子なんです。この二面性をうまく切り替えながら、演じていきたいと思っています。僕自身、いい意味で何事にも縛られていない紀理人が好きですし、千聖さんにタメ口をきいても許されるキャラクターってすごいなって思うんですよ。そうやって生きてこなかった僕にとっては、高度な生き方(笑)! 私生活では決して真似できないけれど、芝居の上ではたくさんの方に好かれるキャラクターに作り上げたいです」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事