『五等分の花嫁』2大プロジェクト発表 公式キャラブックや初の展覧会開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の人気漫画『五等分の花嫁』(作:春場ねぎ)の2大プロジェクトの内容が、5日発売の同誌27号で発表された。原稿などを展示する展覧会『五等分の花嫁展』の開催と、公式キャラクターブックを今秋より毎月1冊ずつ発売すると明かしている。

【画像】二乃も驚き!プロジェクトを発表した告知ページ

 同作は、貧乏生活を送る主人公の男子高校生が、あるきっかけで落第寸前の個性豊かな五つ子のヒロインたち(一花、二乃、三玖、四葉、五月)の家庭教師となり、彼女たちを無事卒業まで導くべく奮闘するラブコメディー。2017年より同誌で連載がスタートし、コミックスは9巻まで発売され、累計発行部数510万部を突破。1月から3月にかけてテレビアニメが放送され、先日第2期の制作が発表された。

 初開催となる展覧会では、「春場ねぎの手書きイラスト」「完成前のラフイラスト」「完成原稿」など通常の展示に加え「五つ子姉妹の部屋の再現」「衣装展示」を予定。8月17日から9月1日まで、東京・池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールAにて開催する。

 公式キャラクターブックは、彼女たちのかわいさを余すことなく掲載し、春場氏の完全監修により、表にでることがないラフイラストなどが収録。5つ子それぞれ1冊ずつ計5冊を秋より毎月1冊発売する。

 また、講談社が主催する『第43回講談社漫画賞』の少年部門を受賞したことを記念して、同誌27号の表紙を飾っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事